映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

実写版「ピーチガール」小悪魔・沙絵役は永野芽郁!山本美月演じるももに罠仕掛ける

118

沙絵役の永野芽郁。

沙絵役の永野芽郁。

上田美和による少女マンガを実写映画化した「ピーチガール」に、「俺物語!!」の永野芽郁が出演することがわかった。

神徳幸治が監督を務める本作は、日焼けした肌と赤い髪という外見のせいで周囲から誤解を受ける女子高生・ももと、学校一のモテ男・カイリの関係を描く恋愛劇。ギャル風だが実は一途なももを山本美月が演じ、彼女のピンチを救い、一番の理解者になっていくカイリにHey! Say! JUMPの伊野尾慧が扮する。

本作で永野が演じるのは、もものお気に入りをなんでも欲しがる小悪魔・沙絵。華奢で色白、天使のような見た目とは裏腹に、ももが中学時代より思い続ける男子・とーじを横取りするためにさまざまな罠を仕掛けるというキャラクターだ。そのインパクトは、沙絵を主人公としたスピンオフ作品「裏ピーチガール」が生まれたほど。

永野はこの役を演じるにあたり、5歳の頃からロングヘアにしていたという髪を30cmカット。「今回演じるにあたって、自分がこうされたら嫌だな、ムカつくな、という表情を、原作を読みながら鏡の前でいろいろ研究しています」「今までの私とは違う私になれるよう、そして映画を観た人に『最低最悪のヤツ』と思われるよう、頑張りたいと思います」と意気込んでいる。

また神徳は「最後までキャスティングに難航した沙絵役でしたが、永野さんに決定し、顔合わせで『髪切ります!』とまっすぐな目で言ったあの瞬間から、彼女が沙絵役を演じる運命だったんだと確信しました」と話し、上田も「こんなに清楚で可愛らしい方に沙絵役を演じてもらっていいのでしょうか。申し訳ない反面、楽しみな気持ちでいっぱいです。机の前から応援してます」とコメントを寄せている。

「ピーチガール」は2017年に全国公開。

永野芽郁 コメント

沙絵は「最低最悪」と言われるキャラクターですが、こんな風に自分の思ったことを素直に行動に移せるのは、自分にはできない部分なので、そこがカッコいいなと思いました。今回演じるにあたって、自分がこうされたら嫌だな、ムカつくな、という表情を、原作を読みながら鏡の前でいろいろ研究しています。髪もバッサリ切り、5才以来のショートにしましたが、想像以上に沙絵っぽくなってホッとしました。今までの私とは違う私になれるよう、そして映画を観た人に「最低最悪のヤツ」と思われるよう、頑張りたいと思います。

神徳幸治 コメント

最後までキャスティングに難航した沙絵役でしたが、永野さんに決定し、顔合わせで「髪切ります!」とまっすぐな目で言ったあの瞬間から、彼女が沙絵役を演じる運命だったんだと確信しました。
加賀まりこさん以来の小悪魔&魔性な永野さんをスクリーンで楽しんでもらえればと思います。

上田美和 コメント

5歳の頃から短くしたことがない髪をバッサリ切って役に臨んで下さった永野芽郁さん。こんなに清楚で可愛らしい方に沙絵役を演じてもらっていいのでしょうか。申し訳ない反面、楽しみな気持ちでいっぱいです。机の前から応援してます。

映画ナタリーをフォロー