映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

伊野尾慧の女装姿に山本美月「完璧だった」、「ピーチガール」イベントで太鼓判

160

山本美月

山本美月

ピーチガール」のイベントが本日2月28日、東京・東京大神宮にて行われ、キャストの山本美月伊野尾慧Hey! Say! JUMP)、監督の神徳幸治が参加した。

本作は、上田美和の同名マンガを実写化したラブストーリー。ギャル風な外見のせいで周囲に誤解され続ける女子高生ももの恋が描かれる。山本がももを、伊野尾が学校一のモテ男・カイリを演じる。

主人公の名前にちなみ「“もも”の節句・ひなまつり」と銘打たれた本企画。山本と伊野尾は、恋愛成就を祈願した絵馬を“ももの木”に掛けるなど、パワースポットとして知られる東京大神宮でのイベントを楽しんだ。

その後のトークセッションで山本は「やっとここまで来たんだなという気がします」、伊野尾は「楽しかった思い出がよみがえりますね」とそれぞれ述懐。現場の様子について聞かれた伊野尾が「『青春を取り戻そう』と話しましたね」と振ると、神徳は「2人は仕事が忙しくて青春できなかったと思うんですけど、僕はガチで青春できなかったんで……」と自虐的なコメントで笑いを誘う。

実際に同じ大学に通っていたという山本に対して伊野尾は「学校で見かけたときはいつもキラキラしてました」と述べ、現場での様子を「真剣で負けず嫌い、女性だけどかっこいいなと思いました」と明かす。一方、山本は伊野尾に対して「すごい真面目でピュア。ももちゃんのことをちゃんと愛していたと思う。子犬のようでした! あ、猫かな。子猫のようでした」と印象を語った。

映画初出演の伊野尾は「壁ドンとかできるのかなってワクワクしてたんですけど、するんじゃなくて逆に3人から壁ドンされてびっくりした」と振り返る。また女子に生まれ変わったら何がしたいかを聞かれると、「女子会とかしてみたいな。あと素敵な男性に壁ドンされてドキドキしたいです」と笑顔で答えた。

本作で女装姿を披露している伊野尾。その姿の感想を聞かれた山本は「完璧でしたよ。足、気合入れてたよね」と答える。その言葉に伊野尾は「すね毛を全部剃ってお別れして、そのときに見た自分の足はとてもきれいで。監督も美しく撮ってくれました」と自信をのぞかせた。

「ピーチガール」は5月20日より全国ロードショー。

(c)2017「ピーチガール」製作委員会 (c)上田美和/講談社

映画ナタリーをフォロー