映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々が真剣なまなざし向ける「64-ロクヨン-」新場面写真

874

「64-ロクヨン-」新場面写真 (c)2016 映画「64」製作委員会

「64-ロクヨン-」新場面写真 (c)2016 映画「64」製作委員会

佐藤浩市が主演を務める「64-ロクヨン- 前編」の新たな場面写真が公開された。

「半落ち」「クライマーズ・ハイ」で知られる横山秀夫の小説を、「ヘヴンズ ストーリー」の瀬々敬久が2部作で実写化した「64-ロクヨン-」。昭和64年に起きた未解決の少女誘拐殺人事件“ロクヨン”を軸に、県警広報室と記者クラブの確執や、板挟みとなる者たちの姿を描き出す。

新たに公開された14枚の場面写真には、主人公の県警広報官・三上役の佐藤をはじめ、広報室係長・諏訪役の綾野剛、広報室婦警・美雲役の榮倉奈々、広報室と対立する東洋新聞キャップ・秋川役の瑛太らが真剣なまなざしを向けるさまが捉えられた。さらに事件被害者の父・雨宮芳男役の永瀬正敏や、三浦友和吉岡秀隆仲村トオル窪田正孝坂口健太郎といった俳優陣も姿を見せている。

「64-ロクヨン- 前編」は5月7日、「64-ロクヨン- 後編」は6月11日に全国東宝系にてロードショー。

映画ナタリーをフォロー