映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

池松壮亮&菅田将暉W主演、高校生2人がひたすらしゃべる「セトウツミ」実写映画化

157

池松壮亮菅田将暉が実写映画「セトウツミ」で主演を務めることがわかった。「さよなら渓谷」の大森立嗣がメガホンを取る。

「セトウツミ」は此元和津也の同名マンガをもとに、男子高校生2人の関西弁による掛け合いを映し出す会話劇。クールな性格で塾通いの内海役を池松が、天然ボケで元サッカー部の瀬戸役を菅田が演じる。

本作について池松は「何だか面白そうなこの作品を、大森監督のもと、菅田くんと2人でやるという事で、何だか面白そうなことが始まるんじゃないかという気がしています」と語る。また菅田は「原作の世界にある発想やセンスを大切にしつつ、素直に体現し、そこから先はもうどうなるかわかりませんという思いで楽しんでいきたいと思います」と、大森は「ただの青春映画にはならないでしょう。楽しみにしていてください!」とコメントを寄せた。

「セトウツミ」は今秋に撮影を行い、劇場公開は2016年を予定している。

池松壮亮 コメント

何だか面白そうなこの作品を、大森監督のもと、菅田くんと2人でやるという事で、何だか面白そうなことが始まるんじゃないかという気がしています。まだ撮影には入っていないのでどんな作品になるか分かりませんが、でもやっぱり何だか面白そうなので、楽しみにしていてください。

菅田将暉 コメント

大森監督のもと、池松さんとただただ二人で喋る映画に参加できること、心から感謝してます。
原作の瀬戸と内海のシニカルなやりとりに嫉妬しました。
こいつらオモロ過ぎるやろ、と。現実世界にこんな奴らおったら勝たれへんで、と。
原作の世界にある発想やセンスを大切にしつつ、素直に体現し、
そこから先はもうどうなるかわかりませんという思いで楽しんでいきたいと思います。

大森立嗣監督 コメント

「セトウツミ」の妙にまったりした青春を、池松くんと菅田くんが演じると、どんなことになるのか、今からワクワクしています。ただの青春映画にはならないでしょう。楽しみにしていてください!

映画ナタリーをフォロー