池松壮亮&菅田将暉が学ラン姿で「セトウツミ」撮了、「いい思い出できた」と笑顔

927

此元和津也の同名マンガを原作にした「セトウツミ」がクランクアップを迎え、ダブル主演を務めた池松壮亮菅田将暉、メガホンを取った大森立嗣のコメントが公開された。

「セトウツミ」クランプアップ時の様子。左から池松壮亮、大森立嗣、菅田将暉。(c)2015「セトウツミ」製作委員会

「セトウツミ」クランプアップ時の様子。左から池松壮亮、大森立嗣、菅田将暉。(c)2015「セトウツミ」製作委員会

大きなサイズで見る(全6件)

「セトウツミ」撮影風景 (c)2015「セトウツミ」製作委員会

「セトウツミ」撮影風景 (c)2015「セトウツミ」製作委員会

10月3日にクランクインし、約2週間にわたり、大阪・堺市にてオールロケが敢行された同作。メインのロケ地となった河原には、地元の女子高校生が大勢詰めかけるなど盛況ぶりを見せたが、大きな混乱もなく終始穏やかに撮影が進められた。

「セトウツミ」撮影風景 (c)2015「セトウツミ」製作委員会

「セトウツミ」撮影風景 (c)2015「セトウツミ」製作委員会

クールな性格の内海を演じた池松は「あっという間でした、ほんとに1本映画撮れたのか?って思うくらい。内海という役柄なので、あんまりそう見えなかったかもしれませんが、毎日楽しく穏やかに過ごすことができました」と撮影を振り返る。一方天然ボケで元サッカー部の瀬戸に扮した菅田は「たくさん、良い思い出ができました。またお会いしたい人にもいっぱい出会えて、感謝しております」と思いを明かす。

2016年に全国ロードショーが予定されている「セトウツミ」は、男子高校生2人の関西弁による掛け合いを捉えた会話劇。監督を務めた大森は「池松くん、菅田くんはとても素直で繊細で、45歳の僕が忘れかけていたことを沢山思いださせてくれました。それが丸ごと『セトウツミ』の世界のようでした。皆さま、公開を楽しみにお待ちください!」と作品をアピールしている。

池松壮亮 コメント

あっという間でした、ほんとに1本映画撮れたのか?って思うくらい。内海という役柄なので、あんまりそう見えなかったかもしれませんが、毎日楽しく穏やかに過ごすことができました。初めての大森組は本当に楽しかったです。完成楽しみです!

菅田将暉 コメント

たくさん、良い思い出ができました。またお会いしたい人にもいっぱい出会えて、感謝しております。お疲れ様でした!

大森立嗣監督 コメント

池松くん、菅田くんはとても素直で繊細で、45歳の僕が忘れかけていたことを沢山思いださせてくれました。
それが丸ごと「セトウツミ」の世界のようでした。皆さま、公開を楽しみにお待ちください!

この記事の画像(全6件)

関連記事

関連商品