映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

染谷将太&菊地凛子夫妻も友情出演、「ディアーディアー」が10月に公開決定

179

「ディアーディアー」 (c)2015 オフィス桐生

「ディアーディアー」 (c)2015 オフィス桐生

ディアーディアー」が10月に東京・テアトル新宿にて公開されることが決定。同時に、8月に開催される第39回モントリオール世界映画祭への正式出品が発表された。

「ディアーディアー」は、瀬々敬久、黒沢清、石井裕也らの助監督を務めてきた菊地健雄の監督デビュー作。物語はある3兄妹が山あいの村で幻の鹿を目撃したことから始まる。当時誰にも信じてもらえず嘘つき呼ばわりされた3人は、その後別々の人生を歩み、20数年後に再会を果たした先で騒動に巻き込まれることに。「パッチギ! LOVE&PEACE」の中村ゆりが駆け落ちの果てに酒浸りになった末娘を演じ、斉藤陽一郎が“鹿事件”で精神を病んでしまった次男役を、桐生コウジが古い工場と莫大な借金を抱えた長男役を務める。

また「ディアーディアー」には染谷将太菊地凛子の夫妻が友情出演の形で参加している。特に染谷は子役時代から監督の菊地を慕っており、彼の顔をモチーフに自らデザインしたスタッフTシャツを用意したほどだ。

さらにベルリン国際映画祭短編部門で銀熊賞を受賞した「グレートラビット」の和田淳が劇中キャラクターのデザインを手がけたほか、エンディングテーマには新鋭バンド、森は生きているの「気まぐれな朝」を起用。同バンドのリーダー、岡田拓郎は劇伴も手がけている。

なお本作の予告編は、菊地が助監督を務めた「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の監督、瀬田なつきが担当。この予告編は本日6月27日よりテアトル新宿および公式サイトにて公開される。

※記事初出時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

映画ナタリーをフォロー