映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

萩原みのり&久保田紗友W主演、女子高生と認知症の老人との交流描く青春ドラマ公開

156

長編デビュー作「ディアーディアー」が、第39回モントリオール世界映画祭に正式出品された菊地健雄の新作「ハローグッバイ」が公開される。

本作は、それぞれ心に問題を抱える2人の女子高生が、認知症の老人との交流を通して成長していく姿を描く青春ドラマ。元彼との間に子供ができてしまったのではと悩むはづき役を「心が叫びたがってるんだ。」の萩原みのり、優等生だが万引きを繰り返すことで孤独を紛らわせている葵役をNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の久保田紗友が演じ、ダブル主演を務める。2人の距離が近付くきっかけとなる老人役で「モヒカン故郷に帰る」のもたいまさこ、その老人の幼なじみ役で「恋人たち」の木野花、認知症の母親に悩まされる娘役で「ギリギリの女たち」の渡辺真起子がキャスティングされた。

第29回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門でも上映された「ハローグッバイ」は、7月15日から東京・ユーロスペースにてレイトショー。

(c)2016 Sony Music Artists Inc.

映画ナタリーをフォロー