映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ディアーディアー」瀬田なつきが手がけた予告公開、前売り特典にはシカせんべい

207

ディアーディアー」が10月24日に東京・テアトル新宿にて公開されることが決定。同時に予告編がYouTubeにて公開された。

本作は、瀬々敬久、黒沢清、石井裕也らの作品で助監督を務めてきた菊地健雄の長編デビュー作。「パッチギ! LOVE&PEACE」の中村ゆり斉藤陽一郎桐生コウジらがメインキャストを務め、菊地と交流の深い染谷将太菊地凛子の夫妻も友情出演の形で参加。エンディングテーマはバンド・森は生きているが担当し、劇中アニメーションは「グレートラビット」の和田淳が手がけた。第39回モントリオール世界映画祭への出品も決定している。

物語は、山あいの村である3兄妹が幻の鹿“リョウモウシカ”を目撃したことから始まる。当時誰にも信じてもらえず嘘つき呼ばわりされた3人は、成長してバラバラの道へ進む。しかし20数年後に父親の危篤を受けて帰郷し再会したことをきっかけに、ある騒動へ巻き込まれていく。

そしてこの予告編は、菊地が助監督を務めた「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の監督、瀬田なつきが手がけたもの。映像の中では長男は借金苦、次男は虚言癖、末娘は依存症とそれぞれ問題を抱えた3人の姿が映し出される。

本作の前売り券を劇場窓口にて購入した人には、特典として「シカせんべい」のプレゼントが。さらにテアトル新宿では、作品の舞台となった栃木・足利市で捕獲された親子の白鹿の剥製をロビーにて展示している。なお本作は大阪・第七藝術劇場、京都・京都みなみ会館、兵庫・元町映画館での公開も決定。時期などは追って発表される。

映画ナタリーをフォロー