三浦貴大が「きつかった」と撮影をしみじみ振り返る、「ローリング」舞台挨拶

29

冨永昌敬の監督最新作「ローリング」の初日舞台挨拶が本日6月13日に東京・K’s cinemaにて行われ、冨永とキャストの三浦貴大柳英里紗川瀬陽太礒部泰宏橋野純平森レイ子、杉山ひこひこ、高川裕也が登壇した。

「ローリング」初日舞台挨拶の模様。

「ローリング」初日舞台挨拶の模様。

大きなサイズで見る(全24件)

三浦貴大

三浦貴大[拡大]

「ローリング」はおしぼり業者に勤務する青年、貫一が、かつて盗撮事件を起こして失踪した高校時代の担任教師、権藤との再会をきっかけに、思わぬ騒動に巻き込まれていくさまを切り取った人間ドラマ。

「ローリング」初日舞台挨拶の模様。左から冨永昌敬、川瀬陽太、柳英里紗、三浦貴大。

「ローリング」初日舞台挨拶の模様。左から冨永昌敬、川瀬陽太、柳英里紗、三浦貴大。[拡大]

映画の上映終了後に行われたこの舞台挨拶では、登壇者が一言ずつ挨拶を済ませた後、質疑応答へ。撮影時の様子を司会者が尋ねると、主人公の貫一役を務めた三浦は「水戸の撮影が結構きつかったです。ほぼみんな寝られないほどスケジュールがタイトで。作品の世界そのもののような感じがして、不思議な撮影でした」と、現場で過ごした日々を懐かしそうに振り返った。

東京から水戸へやってきたキャバクラ嬢、みはりに扮した柳は「みはりは夜のシーンが多かったので、みんなが朝早いなか私はぐっすりと寝ていました。今までに出た作品で一番肌のコンディションがよかったんじゃないかな」と満面の笑みに。

元教師の権藤を演じた川瀬は「水戸では飲みに行った先々で『先生、先生!』ってみんなからバカにしたように呼ばれていて。この役柄を考えると、もう僕はあの土地に行ったら石を持った人に追いかけ回されるんじゃないかと思います!」とおどけた表情で語る。

「ローリング」(c)2015 ROLLING

「ローリング」(c)2015 ROLLING[拡大]

そして本作をこれから観る人へのメッセージを求められ、三浦がキャスト陣を代表することに。マイクを握った三浦が、川瀬に困ったようなまなざしを向けると、川瀬は「こっちを見るな!」と“先生”らしく一喝して見せる。そして三浦は「この映画に好感を抱いてくれる方は、いったいどんなところを好きになってくれるのだろうか? と気になります。きっと面白いと感じるシーンを見つけてもらえると思いますので、ぜひ観てください」と実直に述べた。

さらに冨永が「誰にでも先生という存在はいると思います。先生があんなことになったら自分ではどういう行動をとれるかと考えたら、あのような感じになりました。先生がだめになっていくのをいかに教え子が止められないかを描いたのがこの作品です」とキリッと締めようとする。すると突然川瀬が「教育関係の皆様、本当に申し訳ありません!」と頭を下げ、会場が笑いに包まれるなか、舞台挨拶は幕を閉じた。

この記事の画像・動画(全24件)

関連記事

冨永昌敬のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ローリング / 冨永昌敬 / 三浦貴大 / 柳英里紗 / 川瀬陽太 / 礒部泰宏 / 橋野純平 / 森レイ子 / 高川裕也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。