映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「この世界の片隅に」3000人超の支援を受け、劇場アニメ化が正式決定

56

劇場アニメ「この世界の片隅に」の製作が正式に決定したことがわかった。

「この世界の片隅に」の原作は、こうの史代の同名マンガ。戦時中の広島・呉市を舞台に、18歳で見知らぬ男のもとに嫁ぎ、一家の主婦となった少女すずの日々を描く。本作は第13回文化庁メディア芸術祭にてマンガ部門の優秀賞に選ばれ、2011年には北川景子主演でテレビドラマ化もされている。

「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直が監督を務める劇場アニメ版は、4年前より準備が進められていた。スタッフの確保及びパイロットフィルム制作のため、今年3月よりクラウドファンディングサイト「Makuake」にて資金の募集をスタート。82日間で3374人の賛同を得て、目標額の2000万円を上回る3622万4000円が集まった。これを受けて本作の製作委員会が発足し、東京テアトルが配給することが決定した。

「この世界の片隅に」は2016年秋より、全国の劇場にて公開を予定している。

映画ナタリーをフォロー