映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「守りたいものは家族」、向井理「S-最後の警官-」劇場版会見で語る

49

左から韓晢プロデューサー、平野俊一監督、吹石一恵、綾野剛、向井理、新垣結衣、大森南朋。

左から韓晢プロデューサー、平野俊一監督、吹石一恵、綾野剛、向井理、新垣結衣、大森南朋。

本日4月23日、東京・品川プリンスホテルにて「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」の製作報告会が行われ、向井理綾野剛新垣結衣吹石一恵大森南朋、監督の平野俊一、プロデューサーの韓哲が登壇した。

本作は、ビッグコミックで連載中のマンガ「S エス-最後の警官-」を原作とする警察アクション。向井扮する猪突猛進な元プロボクサー神御蔵一號、綾野が演じる冷静沈着な天才スナイパー蘇我伊織という対照的な2人の警察官を中心に、警察庁特殊急襲捜査班“NPS”の活躍を描く。海上を舞台にする今回の劇場版は、青木崇高が海上保安庁特殊警備隊“SST”の隊長役で、また辰巳琢郎が内閣総理大臣役で新たに出演する。

向井は、妻の国仲涼子との間に第一子を授かったことをまず報告。本作については「ドラマ版はこれまで出演したドラマの中で一番つらかったが、映画はそれをはるかにしのぐほど大変でした」とハードな舞台裏を思い返す。司会者が本作のテーマを引き合いに出し「将来に向かって守っていきたいものはなんですか?」と登壇者に質問すると、向井は「言わされてる感じがしますけど」と笑いつつ「家族です」と答えた。一方、綾野は「守るものなんてないので、守るものを持てるようになりたい」と語る。

最後に、向井は「アクションのほかにも友情や家族などの人間ドラマが盛り込まれていて、観る人すべての琴線に触れるような作品になっていると思います」と、本作への自信をのぞかせた。

「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」は、8月29日全国東宝系にてロードショー。

映画ナタリーをフォロー