コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

満田拓也「MAJOR」16年の連載が大団円、最終巻は12月

47

満田拓也の代表作「MAJOR」が本日7月7日発売の週刊少年サンデー32号(小学館)にて最終回。1994年の連載開始から、16年におよぶ長期連載に大団円を迎えた。

「MAJOR」はプロ野球選手の息子が父親の跡を継ぎ、メジャーリーガーとして活躍する様子を描いた野球マンガ。主人公の人生を幼少期から追いかける成長ドラマは好評を博し、TVアニメ化もする人気を記録した。初連載「健太やります!」に続くふたつ目の連載が異例のロングヒットとなった満田だが「まだほんの連載2本目が終わっただけ」「気分は新人と同じです」とコメントしており、今後の活躍に一層期待が高まる。

最終78巻は12月中旬発売予定で、OVA付きの限定版も制作が決定している。詳細な内容については、続報に期待しよう。

コミックナタリーをフォロー