コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

いしかわえみ「絶叫学級」新章がりぼんで始動、高田エミのエッセイも

80

本日6月3日発売のりぼん7月号(集英社)にて、いしかわえみ「絶叫学級」の新章「絶叫学級 転生」がスタートした。

「絶叫学級」は幽霊の少女・黄泉を語り部に、日常生活に潜む恐怖を描いたオムニバスホラー。第59回小学館漫画賞の児童向け部門を受賞したほか、短編アニメ化や実写映画化も果たした。

新章「転生」の第1話では、周囲が彼氏持ちばかりで焦る女子小学生の身に巻き起こった悲劇が綴られる。なおいしかわが同じくりぼんにて連載している「うしろの光子ちゃん」は、今号で最終回を迎えた。

このほか3号連続のプレゼント企画第2弾として、さくらももこ椎名あゆみら、りぼん縁の作家20名によるサイン色紙を抽選で贈呈。また毎号異なる作家がりぼんの思い出を語る、「60周年記念 伝説作家エッセイ」のコーナーには「ねこ・ねこ・幻想曲」で知られる高田エミが登場した。7月3日発売の次号りぼん8月号では、優月うめ「センチメンタルレター」が新連載として始動する。

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー