コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

1989年以降のマンガ・アニメ・ゲームの大展覧会、国立新美術館にて

934

1989年から現在までのおよそ25年間に制作された日本のマンガ、アニメ、ゲームの作品を展示する「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展が、6月24日から8月31日まで東京・国立新美術館にて開催される。

本展覧会はライフスタイルがめまぐるしく変化した日本社会を概観するため、世相の変動やテクノロジーの進化を映し出すマンガ、アニメ、ゲームに焦点を当てて構成したもの。展示は手塚治虫が逝去した1989年以降に制作された作品に絞り、社会やテクノロジーと作品との関係性を展望できるよう全8章で組み立てられている。「第1章 現代のヒーロー&ヒロイン」では「NARUTO ーナルトー」「美少女戦士セーラームーン」「少女革命ウテナ」「七つの大罪」ほかが紹介される。

また「第2章 テクノロジーが描く『リアリティー』ー作品世界と視覚表現」では「シドニアの騎士」「GANTZ」が、「第5章 キャラクターが生きる=『世界』」では「けいおん!」が、「第7章 現実とのリンク」では「鈴木先生」「好きっていいなよ。」「あの日からのマンガ」「ジョジョリオン―ジョジョの奇妙な冒険 Part8」が展示される予定だ。

1989年以降の日本のマンガ、アニメ、ゲームの流れと相互の関連性についての論考や作品解説などが収録される書籍「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム from 1989」も発行。執筆は中野晴行、さやわか、氷川竜介らが手がける。なお本展覧会は、9月19日から11月23日まで兵庫県立美術館にて巡回展も行われる。

「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展

東京会場

会期:2015年6月24日(水)~8月31日(月)※火曜休館
開館時間:10:00~18:00(金曜日は20:00まで)※入場は閉館の30分前まで
会場:国立新美術館 企画展示室1E
料金:前売券800円(一般)/300円(大学生)、当日券1000円(一般)/500円(大学生)※高校生、18歳未満および障害者手帳を持参した人は無料
問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

兵庫会場

会期:2015年9月19日(土)~11月23日(月・祝)※月曜休館
会場:兵庫県立美術館 ギャラリー棟 ギャラリー

展示構成と展示内容(一部)

第1章 現代のヒーロー&ヒロイン

「NARUTO ーナルトー」(アニメ)、「美少女戦士セーラームーン」(アニメ)、「少女革命ウテナ」(アニメ)、「七つの大罪」(マンガ)、「天元突破グレンラガン」(アニメ)、「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」(ゲーム)、「スーパーマリオ3Dワールド」(ゲーム)

第2章 テクノロジーが描く「リアリティー」ー作品世界と視覚表現

「イノセンス」(アニメ)、「電脳コイル」(アニメ)、「シドニアの騎士」(アニメ)、「GANTZ」(マンガ)、「バイオハザード」「バイオハザード リベレーションズ2」(ゲーム)、「メタルギアソリッド」(ゲーム)、「ファイナルファンタジーVII」(ゲーム)

第3章 ネット社会が生み出したもの

「ほしのこえ」(アニメ)、「ひぐらしのなく頃に」(ゲーム)、「クリムゾン・ルーム」(ゲーム)

第4章 出会う、集まるー「場」としてのゲーム

「ポケットモンスター 赤・緑」「ポケットモンスター X・Y」(ゲーム)、「シーマン」(ゲーム)、「Dance Dance Revolution」(ゲーム)、「太鼓の達人」(ゲーム)、「ストリートファイターII」「ウルトラストリートファイターIV 」(ゲーム)、「モンスターハンターポータブル 2nd」「モンスターハンター4G」(ゲーム)、「ファイナルファンタジーXIII」「ファイナルファンタジーXIV」(ゲーム)

第5章 キャラクターが生きる=「世界」

「けいおん!」(アニメ)、「アイカツ!」(ゲーム)、「ラブプラス」(ゲーム)、「うたの☆プリンスさまっ♪」(ゲーム)、「Jリーグ実況ウイニングイレブン」(ゲーム)、「戦国BASARA4」(ゲーム)、初音ミク(バーチャル・シンガー)

第6章 交差する「日常」と「非日常」

「涼宮ハルヒの憂鬱」(アニメ)、「らき☆すた」(アニメ)、「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(アニメ)

第7章 現実とのリンク

「鈴木先生」(マンガ)、「好きっていいなよ。」(マンガ)、「あの日からのマンガ」(マンガ)、「ジョジョリオン―ジョジョの奇妙な冒険 Part8」(マンガ)

第8章 作り手の「手業」

「パプリカ」(アニメ)、「マクロスプラス」(アニメ)、「グランツーリスモ6」(ゲーム)

エピローグ

「メトロポリス」(アニメ)

コミックナタリーをフォロー