映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

日本のマンガ、アニメ、ゲーム25年間の歩みを俯瞰する展覧会、本日から

2794

「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展内覧会の様子。

「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展内覧会の様子。

「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展が、本日6月24日から8月31日まで東京・国立新美術館にて開催される。

これは手塚治虫が死去した1989年から現在までの約25年間にスポットを当て、国内のマンガ、アニメ、ゲームを俯瞰する展覧会。全8章に分かれた展示では各章ごとにテーマが設けられ、インターネットやスマートフォンの普及をはじめとするテクノロジーの進化により、めまぐるしく変化した日本社会を重層的に見つめていく。

エントランスを過ぎると「第1章 現代のヒーロー&ヒロイン」の展示が始まり、「NARUTO ―ナルト―」「鋼の錬金術師」「少女革命ウテナ」「魔法少女まどか☆マギカ」などに登場するさまざまなヒーロー、ヒロインたちがアニメ映像、マンガのイラストなどで紹介されている。続く「第2章 テクノロジーが描く『リアリティー』―作品世界と視覚表現」には「デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!」や「サマーウォーズ」、「機動警察パトレイバー 劇場版」などが登場。仮想現実やロボットといったテクノロジー、ネットワーク社会を背景とした作品が集った。押井守の監督作「イノセンス」のブースでは、“ガイノイド”のフィギュアが展示されている。

第3章では「ほしのこえ」「Fate/stay night」といった、ネット社会から生まれた作品を、第4章では他者とのコミュニケーションを取り入れた「ストリートファイターII」「ポケットモンスター」などのゲーム作品を紹介。また「第5章 キャラクターが生きる=『世界』」では初音ミクや「戦国BASARA」などと共に「けいおん!」が出品され、放課後ティータイムの5人のパネルやフィギュアなどが飾られた。

「第6章 交差する『日常』と『非日常』」では「新世紀エヴァンゲリオン」のTVシリーズ全話を、26台の小さな液晶画面を並べて一挙に流しているほか、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「涼宮ハルヒの憂鬱」などを紹介。また「第7章 現実とのリンク」には多様なテーマを持つマンガ42作品が一堂に会しており、「アオハライド」「俺物語!!」「銀の匙 Silver Spoon」「鈴木先生」などの原画が出品されている。最後を飾る「第8章 作り手の『手業』」には、「パプリカ」「メトロポリス」ほかが紹介され、原画や映像を通して作家たちの手業に迫っていく。

なお「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展は、9月19日から11月23日まで兵庫・兵庫県立美術館にて巡回展も行われる。

「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展

2015年6月24日(水)~8月31日(月) 東京都 国立新美術館
※毎週火曜休館
開館時間 10:00~18:00(金曜は~20:00)※入場は閉館の30分前まで
料金:一般1000円 / 大学生500円
※高校生、18歳未満および障害者手帳持参者は無料

映画ナタリーをフォロー