ステージナタリー

音楽座ミュージカル「とってもゴースト」映画化、主演は安蘭けい&古舘佑太郎

753

音楽座ミュージカルの人気作「とってもゴースト」の映画化プロジェクトが始動。2018年夏公開予定の本作では、安蘭けいと、ミュージシャンとしても活動する古舘佑太郎がW主演を務める。

角川裕明監督が手がける本作は、1989年に初演された音楽座ミュージカルの同名作品が原作。事故に遭い、幽霊になってしまったファッションデザイナー・入江ユキ役を安蘭、デザイナーを志す青年・服部光司役を古舘がそれぞれ演じる。撮影開始は2018年1月を予定しており、現在、制作費調達などを目的としたクラウドファンディングを実施中だ。

映画初主演の安蘭は「沢山の方に愛される映画になるよう、微力ながら全力を尽くしたいと思います! この出逢いに感謝です」と喜びを語り、古舘は「宝塚のトップとしてステージに立たれていた安蘭けいさんにミュージカルの美しさをとことん教えて頂きながら、普段バンドをやっている僕は僕なりの、“歌と映画”の可能性を探したいです」とコメントしている。

安蘭けいコメント

角川さんの日本ミュージカルに対する熱い思いに何か協力できないかと思っていたところに映画出演のお声をかけて頂き、とても嬉しく思っています。しかも音楽座さんの名作でとても素敵な作品なので楽しみで仕方がありません。古舘さんとの共演もとても楽しみです!
沢山の方に愛される映画になるよう、微力ながら全力を尽くしたいと思います! この出逢いに感謝です。

古舘佑太郎コメント

お芝居・歌・ダンスと、三つの要素が試されるミュージカル映画。音楽をきっかけにこの世界に入った僕にはうってつけだと息巻いていましたが、最近、実際にダンスをしてみて一気に血の気が引きました。全く経験なかった事を忘れていました!(涙)でも、新しい事に挑戦するのが大好きなので、とても楽しみです。
宝塚のトップとしてステージに立たれていた安蘭けいさんにミュージカルの美しさをとことん教えて頂きながら、普段バンドをやっている僕は僕なりの、“歌と映画”の可能性を探したいです。

ステージナタリーをフォロー