ステージナタリー

「キャバレー」明日開幕、長澤まさみ「すごく楽しく稽古できた」

560

「キャバレー」会見より。

「キャバレー」会見より。

長澤まさみ主演、松尾スズキ演出の「キャバレー」が、明日1月11日に開幕。それに先駆け本日1月10日に会見が行われ、長澤、松尾のほか、石丸幹二小池徹平小松和重村杉蝉之介平岩紙秋山菜津子が登壇した。

2007年に初演された松尾演出版「キャバレー」の、10年ぶりの再演となる今回。歌姫サリー役の長澤をはじめ、キャバレー“キット・カット・クラブ”のMC役に石丸幹二、サリーの恋の相手クリフ役に小池徹平と、キャストを一新しての上演となる。

会見冒頭で挨拶を求められた松尾は、「こういった場で演出家が何を言っても結局使われないので」と前置きしながら、「長澤さんに言ってほしいコメントを言います。松尾さんの独創的な演出で芸術的かつ娯楽性の高い素晴らしい作品になったと思います。以上が長澤さんに言ってほしいコメントです」と述べ、会見場の笑いを誘う。

それを受けて長澤は「松尾スズキさんの芸術的かつ斬新な……もうやめますけど(笑)。初めてのミュージカルなんですが、本当にここにいる先輩方に支えられて今日までやってこられました。初めてのことなんだけどすごく楽しく毎日稽古ができていたので、その稽古場の気持ちをお客さんに届けられたらなと思います」と挨拶した。

「キャバレー」は、ヒトラー政権の台頭へと向かう時代を背景に、ベルリンのキャバレー“キット・カット・クラブ”の退廃的なショーと、歌姫サリーを中心に繰り広げられる、恋と破局の物語。ジョー・マステロフが描く骨太なストーリー、ジョン・カンダー&フレッド・エブの作詞作曲家コンビによる魅惑的なナンバーの数々、そして松尾の演出が注目を集めている。

なおステージナタリーでは追って公開ゲネプロの様子をレポートする。

ミュージカル「キャバレー」

2017年1月11日(水)~22日(日)
東京都 EX THEATER ROPPONGI

2017年1月26日(木)~29日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 ホール

2017年2月4日(土)・5日(日)
大阪府 フェスティバルホール

2017年2月10日(金)~12日(日)
宮城県 仙台サンプラザホール

2017年2月17日(金)~19日(日)
愛知県 刈谷市総合文化センター 大ホール

2017年2月24日(金)~26日(日)
福岡県 福岡サンパレス ホール

上演台本・演出:松尾スズキ
台本:ジョー・マステロフ
作曲:ジョン・カンダー
作詞:フレッド・エブ
翻訳:目黒条

キャスト

サリー・ボウルズ:長澤まさみ
MC:石丸幹二
クリフ:小池徹平
シュルツ:小松和重
エルンスト:村杉蝉之介
コスト:平岩紙
シュナイダー:秋山菜津子

片岡正二郎、花井貴佑介、羽田謙治 ほか

ステージナタリーをフォロー