音楽ナタリー

中田ヤスタカ書き下ろし、戦国武将DJバトル「DJノブナガ」の音楽をHIKAKIN絶賛

173

「戦国アクションパズルゲームDJノブナガ」制作発表イベントの様子。

「戦国アクションパズルゲームDJノブナガ」制作発表イベントの様子。

昨日9月13日に東京・池袋STORIAにて行われたスマートフォン向け新作ゲームアプリ「戦国アクションパズルゲームDJノブナガ」の制作発表イベントに、ゲームの音楽プロデュースを手がけた中田ヤスタカ(CAPSULE)が登壇した。

「戦国アクションパズルDJノブナガ」はスクウェア・エニックス、ワーナーミュージック・ジャパン、アソビシステムの3社が手を組んだ新感覚ゲームアプリ。戦国武将が全員DJとなった“DJ戦国時代”を舞台に、武将たちがDJバトルを繰り広げるアクションパズルゲームだ。イベント冒頭には各社代表者のコメントが上映され、それぞれビジネスの視点から意気込みを語り、3社が力を入れて取り組むゲームであることを打ち出した。クリエイター陣によるスペシャルトークステージには中田をはじめ、スクウェア・エニックスのゲームプロデューサー柴貴正氏、タイトーのゲームデザイナー石田礼輔氏が登壇し、「DJノブナガ」の誕生秘話やゲーム音楽に対する思いなどが語られた。

「DJノブナガ」に登場する音楽を全曲制作した中田は、「例えば映画音楽だと流れるタイミングが決まっているが、ゲーム音楽はレスポンスとしてかかる音楽。その人の操作によって流れる回数やタイミングが変化するところが面白いと思っている」とゲーム音楽ならではの面白さについて語った。また中田は「小学生の頃、カセットテープの『ドラゴンクエスト』のサウンドトラックを買ってもらったときに、A面がフルオーケストラバージョンになっていることに戸惑ったが、B面を聴いてみると、ゲームの効果音そのままの音にホッとした経験がある」と少年時代のエピソードを告白。さらに「人生で一度、ゲーム機のハードの起動音を作ってみたい」と音楽家としての夢を明かした。

以前から中田の音楽のファンだったと言うゲームデザイナー石田氏は、「スマートフォンのゲームではとても難しかたったが、ユーザーのプレイに対してのレスポンスで中田さんの音楽を楽しめるようなゲーム性に注力した」とコメント。全キャラクターのデザインを担当した田中秀幸氏はコメントのみの出演となったが、「戦国時代のゲームはいろいろあるが、ほかとは違うものを作りたい、中田ヤスタカの音楽がベースにあるからこそ戦国のイメージをパロディしつつも本当に戦国好きな人にも受け入れられ頷けるようなものにしたかった」とこのゲームに寄せる思いを伝えた。そしてトータルプロデューサーの柴氏は「世にあふれる戦国ゲームの中でもここまで尖ったゲームはなかなか実現できない。実現不可能なことに対して大人が集まって一生懸命悪ふざけをしていきたい」と「DJノブナガ」への思いを熱弁した。

イベントではさらに、HIKAKIN、水溜りボンド、Masuoといった人気YouTuberによる「DJノブナガ」の実演が行われ、HIKAKINは「ヤスタカサウンドがおしゃれで、ぜひヘッドフォンをしてプレイしたい」と中田の音楽を絶賛。最後に中田は「プレーヤーのテンションに合わせて曲も展開していくので、プレイ中は気にならないと思うが、気持ちがいいタイミングで音楽が気持ちよく聞こえるようにできているので、自然に楽しめると思います」と語った。

「戦国アクションパズルDJノブナガ」は昨日9月13日より事前登録がスタートした。リリースは秋頃の予定で、今後はワーナーミュージックのアーティストとのコラボレーションも予定されている。

(c)2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. (c)2017 WARNER MUSIC JAPAN INC. (c)2017 ASOBISYSTEM co.,ltd All Rights Reserved.

音楽ナタリーをフォロー