音楽ナタリー

Crystal Kay、3年ぶりツアー完走「私は一生歌い続けるのが使命」

119

Crystal Kay (撮影:田澤友和)

Crystal Kay (撮影:田澤友和)

Crystal Kayの全国ツアー「LIVE TOUR 2016 “Shine”」のファイナル公演が、3月23日に神奈川・CLUB CITTA'にて開催された。

「LIVE TOUR 2016 “Shine”」は2015年12月リリースの最新アルバム「Shine」を携えて行われた、彼女にとって約3年ぶりのツアー。ファイナル当日にリリースされたニューシングル「サクラ」も含む、数多くの新曲が披露されたライブとなった。

ダンサー4名を従え、黒のクールな衣装でステージに登場したCrystal Kayは1曲目として「REVOLUTION」を披露。その後も「Shooting Star」「#HEARTMELT」といった「Shine」収録曲を次々と熱唱し、集まったファンに「一生忘れられない夜にしたいと思います!」と挨拶した。

中盤では「Hard to say」「What Time Is It?」「片想い」「I LIKE IT」と、初期のダンスチューンをメドレーで歌い、ソウルフルなボーカルとダンスでフロアを盛り上げる。Crystal Kayは懐かしのナンバーについて「歌詞や歌い方、感じ取り方がまったく違って、ひさしぶりにパフォーマンスするとめちゃくちゃ楽しいです」と笑顔で語った。

その後のMCでは、「Shine」制作までの期間にアメリカに滞在していた際の思い出を振り返り、現地でのライブを成功させたことが自信につながったと話したCrystal Kay。「初心の気持ちに戻れて、私は一生歌い続けるのが使命なんだと思えたの。こうやってライブができて歌える、戻ってこられる場所があることに感謝の気持ちでいっぱいです」とファンに語りかけ、大きな拍手を浴びていた。

そんなトークに続いてはデビュー曲「Eternal Memories」を思いを込めるように歌い、さらにアコースティックギターの音色に乗せて「月のない夜 道のない場所」を披露。その後は「THE LIGHT」「Boyfriend -part II-」といった楽曲で、会場のテンションをどんどん高めていった。

「REVOLUTION -Remix ver.-」の最中にはサプライズゲストとしてSWAY(DOBERMAN INFINITY)とVERBAL(m-flo)が登場し、圧巻のラップでオーディエンスをさらに盛り上げる。最後に「みんながいるから私がいるんだと思える曲です」という言葉とともに「君がいたから」が披露され、感動的な空気の中で本編が終了した。

アンコールではこの日リリースされたニューシングル「サクラ」を披露。曲の最中には桜吹雪がステージやフロアに降り注ぎ、曲の世界を華やかに彩った。歌い終えたCrystal Kayは「私も知らなかった! びっくりしたー!(笑)」とサプライズ演出に驚いた様子で笑顔を浮かべた。

最後に「皆さんに毎日聴いてもらえるような歌を生きている限り歌っていきたいと思うので、これからもCrystal Kayをよろしくお願いします!」と挨拶した彼女。アンコールを「何度でも」で締めくくり、笑顔でオーディエンスに手を振った。

Crystal Kay「LIVE TOUR 2016 "Shine"」
2016年3月23日 CLUB CITTA' セットリスト

01. REVOLUTION
02. Shooting Star
03. #HEARTMELT
04. I'm Beautiful
05. Kiss
06. Hard to say
07. What Time Is It?
08. 片想い
09. I LIKE IT
10. Eternal Memories
11. 月のない夜 道のない場所
12. Everlasting
13. THE LIGHT
14. Boyfriend -part II-
15. REVOLUTION -Remix ver.-
16. デリシャスな金曜日
17. 君がいたから
<アンコール>
18. 恋におちたら
19. サクラ
20. 何度でも

音楽ナタリーをフォロー