音楽ナタリー

PassCode、熱狂の初ツアーに幕「もっといい景色見せる」

483

PassCode 1stワンマンツアー「TRIAL OF PASSCODE」の様子。

PassCode 1stワンマンツアー「TRIAL OF PASSCODE」の様子。

PassCodeが1月2日に東京・赤坂BLITZにて「PassCode 1stワンマンツアー『TRIAL OF PASSCODE』」と銘打ったツアーのファイナル公演を開催した。

大阪、福岡、名古屋、札幌と巡ってきたPassCode初の単独ツアー。グループ最大規模の赤坂BLITZでのツアーファイナルということで会場にはおよそ1000人ものハッカー(ファン)が集まり、開演前からフロアを熱気で満たした。南菜生の「赤坂ー! ここにいる全員で踊って、歌って、最高の1日にしようぜー!」という煽りとともに「Toxic」でライブは開幕。4人は序盤からアッパーな「club kids never die」「激動プログレッシブ」や新曲の「Never Sleep Again」を惜しげもなく畳みかけ、今田夢菜の熱のこもったシャウトがフロアに何度もこだました。

4人はヒートアップするハッカーに対し「歌えー!」と煽り6曲目の「Shake it up tonight」までノンストップで駆け抜ける。一旦舞台袖へと捌けたのち、4人は「interlude」から再びボルテージを上げ「声出せ! 全力で!」とハッカーに激を飛ばし続ける。フロア前方は激しいモッシュやリフトでお祭り状態になるも、彼女たちは歩みを止めず「XYZ」「Kissの花束」「Nextage」といったキラーチューンを連発。4人で拳を上げながら「Rize!!」を熱唱し「最高でした!」とだけ述べてライブ本編を終えた。

アンコールで4人は新衣装を身にまとい登場。エモーショナルなナンバー「オレンジ」を力強く歌い上げたあと、スクリーンに今春2ndアルバムを発売することが発表されハッカーを歓喜させた。南は「めちゃくちゃいいアルバムになりそうなんで楽しみに待っててー! 」とハッカーにアピール。続けて「これからも私たちはここにいるみんなと助け合って上に行きたいと思ってるので、そんな気持ちを込めて次の曲を歌いたいと思います」と述べ「over there」を届けた。

まだまだ物足りないハッカーたちはダブルアンコールを要求。彼らの熱い思いに応えるため、4人は再度登場しライブのラストでは定番となった「Link」を投下した。南は曲のラストで「ありがとうー!」と感謝の気持ちを叫びオーディエンスからの大歓声を受けた。

最後のMCでは1人ずつツアーの感想を述べていく。その中で南は「今回のツアーで改めてPassCodeやハッカーのことが好きになりました。今日来てくれたみんなが、PassCodeが、菜生が、ライブをする意味だと思います。みんなの支えがあるのでここまでがんばってこれました。そして今日はメンバーに一番ありがとうって言いたいです。たくさんありがとうの気持ちでいっぱいです。2016年はPassCodeを引っ張っていけるような自分になります! そしてもっといい景色を見せるのでPassCodeに付いてきてください!」と思いのたけを語った。また8月に加入したばかりの大上陽奈子は「PassCodeに自分は必要なのかなって思ったこともあったけど、このツアーの練習が始まってからは自分をもっと出していかないとと思いました。そのときにメンバーが初めて『ひなちゃん、PassCodeに入ってくれてありがとう』って言ってくれて、それがめっちゃうれしかったんやって!」と涙ながらにメンバーに対して感謝を述べた。

高嶋楓も瞳を潤ませながら「ツアーの直前にメンバーが抜けて4人になって整理が付かない状況でスタートしちゃったんですけど、気持ちで負けないように向き合いました。投げ出したいこともあったけど、メンバーもスタッフさんもハッカーも大好きで、ライブしたらみんな笑顔だし。みんなのおかげでステージに立ててるって改めて思いました。これからもこの4人でまだまだがんばっていきたいと思ってるので、またライブで一緒に遊んでください」とコメント。最後に今田は「大阪の初日が始まる直前にリーダーが抜けてしまったんですけど、リーダーを推していた人もライブに来てくれてうれしかった。あとひなちゃんが4人のフォーメーションを全部覚えてきてくれたこともうれしかったです。入ってくれてホンマにありがとう。赤坂BLITZもこんなに埋まってうれしい。ハッカーにはめっちゃ感謝してます。これからもがんばります!」とツアーを通して感じたことを述べ、4人で最後の曲を歌おうとしたところで8月8日に東京・Zepp DiverCityでワンマンライブを行うことがサプライズ発表される。

歓喜の涙を流しながら南は「PassCodeは日本武道館を目指すとかじゃくて、1つひとつ今できることをクリアしていくっていうのがモットーで、赤坂BLITZをクリアしたら次の目標をどうするか考えてたんです。8月8日、絶対にZepp DiverCityに来てください!」と叫び、ラストナンバー「Seize the day!」を熱唱し、初のツアーを大団円で締めくくった。

PassCode 1stワンマンツアー「TRIAL OF PASSCODE」
2016年1月2日(土) 赤坂BLITZ セットリスト

01. Toxic
02. club kids never die
03. Never Sleep Again
04. 激動プログレッシブ
05. Seek out the truth
06. Shake it up tonight
07. interlude
08. アスタリスク
09. XYZ
10. Now I Know
11. Kissの花束
12. Nextage
13. Rize!!
<アンコール>
14. オレンジ
15. over there
<ダブルアンコール>
16. Link
17. Seize the day!

PassCodeワンマンライブ(仮)

2016年8月8日(月)東京都 Zepp DiverCity TOKYO

音楽ナタリーをフォロー