音楽ナタリー

“ハチ”と“米津玄師”をつないだ「花ゆり落ちる」千秋楽

2490

「米津玄師 2015 TOUR / 花ゆり落ちる」最終公演の様子。(撮影:中野敬久)

「米津玄師 2015 TOUR / 花ゆり落ちる」最終公演の様子。(撮影:中野敬久)

米津玄師が昨日4月28日に東京・TSUTAYA O-EASTにてワンマンライブツアー「米津玄師 2015 TOUR / 花ゆり落ちる」の最終公演を行った。

昨年6月に東京・UNITにて初の単独公演を行い、12月には大阪、福岡、東京でライブを実施した米津。今回のツアーで彼は、北海道・cube gardenでの公演を皮切りに、宮城、愛知、広島、福岡、大阪と巡り、東京で最終日を迎えた。この日米津は“ハチ”名義で発表したナンバーから最新シングル「Flowerwall」の収録曲まで、自身のキャリアをたどるようなセットリストでライブを展開。初ライブからステージをともにしている中島宏(G)、須藤優(B)、堀正輝(Dr)を率い、約1時間半にわたるパフォーマンスを行った。

ステージに姿を現した米津は「ドーナツホール」でライブを開始。バンドが一斉に音を鳴らすと、楽曲の世界観を表現したサイケデリックな色使いの映像が投影される。観客は彼らが繰り出す重厚なサウンドと目の前に広がる光景に興奮し、ジャンプして会場を揺らした。

CDリリースをする前にニコニコ動画に“ハチ”名義で投稿した「パンダヒーロー」や「沙上の夢喰い少女」といったナンバーを経て、ライブは1stアルバム「diorama」収録の楽曲で構成されたブロックへ。彼は手描き風の映像をバックに演奏した「恋と病熱」や「vivi」、ギターを置いておどけた表情を見せながらハンドマイクで歌った「駄菓子屋商売」などの楽曲でオーディエンスを熱狂させていった。

「メランコリーキッチン」を皮切りに彼は最新アルバム「YANKEE」の収録曲を次々と届けていく。「アイネクライネ」でエモーショナルな歌声を響かせたあと、米津は「ついてこれますか?」と何度も観客を煽り、疾走感あふれる「リビングデッド・ユース」「花に嵐」を披露。そのままライブ初披露となる、ハチ時代の代表曲「マトリョシカ」になだれ込み、フロアを狂騒状態へと導いた。

本編ラストのナンバーの前に、彼は「1、2年前はライブをやる必要を感じていなかった」と語り出し、ツアーを行いながら「ライブをやること」について深く考え、たどり着いた答えが「楽しめばいい」という単純なものだったと話す。また「不安とか恐怖とかそういうものを一時でも、遠ざけられるような、そういう力を持った空間を作れたらいいなと思っている」とも口にし、「今この瞬間っていうのは簡単に過去に変わってしまう。だから今日こうやって集まって一緒の時間を過ごしたことが、何年経っても何十年経っても『あのとき、あんなことがあったよね』って、その日を生きる糧になればいいと思っています。みんながここに集まってくれて、そういう1日を作れることが幸せでしょうがないです。どうもありがとう」と感謝の気持ちを伝えた。

MCを終えた米津は最新シングル「Flowerwall」よりタイトルトラックを歌唱したあと、まばゆい光に包まれる中ステージを下りた。アンコールは「懺悔の街」で幕開け。そして「WOODEN DOLL」「ワンダーランドと羊の歌」で爽快に締めくくられた。バンドメンバーが先にステージを去り、最後に残った米津は「『花ゆり落ちる』全10公演、これにて終了です。本当にありがとうございました。また近いうちに会いましょう!」と語り、ツアーの幕を下ろした。

米津玄師「米津玄師 2015 TOUR / 花ゆり落ちる」
2015年4月28日 TSUTAYA O-EAST セットリスト

01. ドーナツホール
02. パンダヒーロー
03. 沙上の夢喰い少女
04. 演劇テレプシコーラ
05. 恋と病熱
06. vivi
07. 駄菓子屋商売
08. トイパトリオット
09. ゴーゴー幽霊船
10. メランコリーキッチン
11. アイネクライネ
12. リビングデッド・ユース
13. 花に嵐
14. マトリョシカ
15. Flowerwall
<アンコール>
16. 懺悔の街
17. WOODEN DOLL
18. ワンダーランドと羊の歌

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】