音楽ナタリー

エビ中初の武道館で合同出発式、前を向いてそれぞれの道へ

633

私立恵比寿中学が昨日4月15日に東京・日本武道館にて単独コンサート「私立恵比寿中学合同出発式~今、君がここにいる~」を開催した。

エビ中が武道館のステージに立つのは2012年に行われた指原莉乃(HKT48)プロデュースによるイベント「第一回ゆび祭り~アイドル臨時総会~」より約1年9カ月ぶり。今回のライブをもってエビ中を“転校”する瑞季、杏野なつ、鈴木裕乃の3人にとっては、最初で最後の武道館単独公演となった。また今回のステージは、1月から4月頭まで海外留学でグループから離れていた杏野、1月に“転入”した新メンバーの小林歌穂と中山莉子も揃い、最初で最後の11人でのパフォーマンスとなることもファンの間で大きな注目を集めていた。

定刻を5分ほど過ぎた頃、会場が暗転するとステージの両サイドに設置されたモニターに映像が映し出された。2011年10月に東京・Shibuya O-EAST(現TSUTAYA O-EAST)で行われた初のライブハウスワンマン「エビ中体育祭~成長痛がとまりません!~」「エビ中文化祭~エビの数だけ殻むいて~」のオープニングムービーを彷彿とさせる短編映画のような映像に、場内はメンバー登場前から大きな盛り上がりを見せる。そしてオープニングSE「ebiture」に合わせて登場したのは、新メンバー小林と中山を除く9人のメンバー。活動初期の衣装をモチーフにした新衣装に身を包んだ9人は、「エビ中一週間」からライブをスタートさせ、「サクラ・ゴーラウンド」「ほぼブラジル」「オーマイゴースト?~わたしが悪霊になっても~」まで立て続けに4曲披露して会場の熱気を一気に高めた。

9人は自己紹介を早々に済ませると、廣田あいかの「それでは出発進行! シュッポッポー!」というかけ声でフォーメーションにつき、「禁断のカルマ」からライブを再開させた。続けて4曲を披露したところで、真山りか、杏野、安本彩花、鈴木、柏木ひなたの5人によるフリートークパートに。約3カ月半ぶりのステージとなった杏野は真山に「ひさしぶりのライブですけどどうですか?」と尋ねられると、「すっごい楽しい。本当に楽しいです。ただいまです」と客席に手を振る。すると客席からは「おかえりー!」と温かい声援が送られた。その後は本公演のタイトル「私立恵比寿中学合同出発式~今、君がここにいる~」をお題とした大喜利や、今日の朝ごはんの話など彼女たちらしいユルいトークを繰り広げた。

ライブ中盤は「ザ・ティッシュ~とまらない青春~」「梅」などアッパーな楽曲を連発。「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」では、ヴィジュアル系風のメイクと衣装で披露された「ゆび祭り」でのライブ映像がバックに流れる演出も加わり、杏野が「お前らもう泣いてんじゃねえだろうな? 楽しませてやるからな! この9人ここにあり!」と叫ぶと客席からは怒号のような大歓声が沸き上がった。瑞季、廣田あいか、星名美怜、松野莉奈のMCを挟み、ライブは後半戦へ。9人は「未確認中学生X」でアグレッシブなパフォーマンスを見せつけたかと思うと、たむらぱん提供の「誘惑したいや」「大人はわかってくれない」の2曲ではエモーショナルな歌声を響かせた。

「スターダストライト」を歌い終えるとメンバーは一度ステージを去り、場内は暗転。そしてモニターに転校生3人が残るメンバーに脱退を発表したときの様子が映し出される。さまざまな感情を揺さぶられ泣きじゃくる9人の姿を捉えた映像に観客は騒然。続いて「大好きだよ」「手をつなごう」のインストに乗せて9人での活動の軌跡をたどるダイジェスト映像が上映されると、思わず涙を浮かべるファンの姿も多く見られた。ムービーが終わりステージが明るくなると、校舎をイメージさせるセットに1人で座っている安本の姿が。安本はソロ楽曲「またあえるかな」を伸びやかに歌い上げ、客席からは温かな拍手が送られた。そして白い衣装に着替えた9人は再びステージ集うと、ペンライトを手に「フレ!フレ!サイリウム」を熱唱。続く「約束」では感極まって泣き出すメンバーの姿も見られた。

コンサートも終わりに近づいたところで、転校メンバー3人は改めて、1人ずつゆっくりと思いを語った。杏野は「今までたくさん大きなステージに立たせていただけたのは、ここにいるエビ中ファミリー(ファン)の皆さんのおかげです。伝えたいことを言い出したらキリがないけど、エビ中ファミリーの皆さんは……なかなか素直にはなれなかったけど、本当に家族のような存在だと思っていました。明日から私は私立恵比寿中学の一員ではなくなっちゃうけど、これからも私が進んでいく道を家族のように応援して支えてくれたらうれしいです」とファンに感謝の思いを告げ、鈴木はエビ中としての4年間を涙ながらに振り返り、「ここまで成長してくださって……ああ、してくださってじゃない……自分がしたんだ」「私は枝豆が大好きです。たくさん食べようと思って枝豆を育て始めたんですけど、外だと虫がつくんじゃないかと思って家の中で育ててたら、葉っぱも大きくならず大きなもやしみたいなのができちゃって」と場内を和ませつつも「私は私立恵比寿中学という温かい居心地のいい場所から外に出て、厳しい太陽の光や雨風と戦いながら一歩一歩前に進んで成長したいと思います」と女優の道へと進む決意を語った。

エビ中結成時よりオリジナルメンバーとしてグループを牽引してきた瑞季は「弱音を吐いたり、くじけそうになったこともあったけどここまで来れたのは本当に周りのみんながいたからです。この9人になってから決意が固まって楽しいこともつらいことも一緒に支えあってがんばってきました」と9人の結束力を語り、「エビ中は私のまさに青春そのものです」「これはお別れではないので、私はさびしい気持ちはもちろんあるけど、悲しくはありません。夢に向かって前を向いて歩き出したいと思います」と力強くコメント。最後は「私立恵比寿中学、出席番号1番瑞季は永遠に欠番です!」と締めくくった。

3人の言葉を受け、真山は「この3人の思いも一緒に、エビ中はまだまだ歩き続けていきたいと思います。ここで私たち6人から3人に、歌を届けたいなと思います」と発表。6人は突然のことに驚きを隠せない瑞季、杏野、鈴木に歌詞カードを手渡し、たむらぱんがこの日のために書き下ろした新曲「Dear Dear Dear」を涙ながらに熱唱した。武道館が大きな感動に包まれる中、ラストナンバーとして歌われたのは、2010年8月にリリースされた初のオリジナルシングル「えびぞりダイアモンド!!」。曲中では鈴木が「転校はね、さよならじゃないんだよ」、松野が「なつ、裕乃、瑞季、ずっと大好き!」、廣田が「絶対夢叶えようね」と歌詞を変更したりと、“出発式”仕様のパフォーマンスでライブを締めくくった。

アンコール1曲目の「Go! Go! Here We Go! ロック・リー」では新メンンバー小林と中山が忍者の衣装で合流し、9人を手裏剣で倒したりと大暴れ。続く「Lon de Don」では小林がレンコン、中山が天丼の着ぐるみに着替え、コミカルなパフォーマンスで会場の盛り上げに一役買った。そしてメジャーデビューシングル「仮契約のシンデレラ」、メンバーの心情とシンクロした友情ソング「イッショウトモダチ」を続けて歌い上げ、最後は「また明日」で大団円。転校メンバー3人は、これからの8人のエビ中が前を向いて進んでいくようにと、先にステージを去った。3人はおよそ7時間をかけて設置されたという大きな桜の木の奥へ続く道を、手を振りながら歩いてゆく。

残った新生エビ中8人が最後の挨拶をしかけたところで、場内には突然“校内放送”が。動揺する8人はステージ上のモニターを観るよう促され、座り込んで映像を見つめる。突然上映された映像では、エビ中の“サブカル校長”こと藤井マネージャーから、8月2日に山梨・山中湖交流プラザきらら シアターひびきにて夏の野外ライブ「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in 山中湖2014」の開催が決定したことがサプライズで発表された。およそ1万人の動員規模が見込まれる野外のステージで、8人のエビ中がどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、ファンは楽しみにしておこう。

なおエビ中は今月末4月27日より、新体制による初のライブツアー「私立恵比寿中学スプリングソニー・ミュージックレーベルズルーキーツアー2014~生まれ変わりちょうちょうボーンとエトセトラ~」をスタートさせる。またツアー開始前日の4月26日には、千葉・幕張メッセにて行われる「ニコニコ超会議3」に出演し、「超演奏してみたブース」でニコ動ユーザーとのコラボレーションを披露する。

私立恵比寿中学「私立恵比寿中学合同出発式~今、君がここにいる~」
2014年4月15日 日本武道館 セットリスト

01. ebiture~エビ中一週間
02. サクラ・ゴーラウンド
03. ほぼブラジル
04. オーマイゴースト?~わたしが悪霊になっても~
05. 禁断のカルマ
06. Another Day
07. I'm your MANAGER!!!
08. 頑張ってる途中
09. 結果オーライ
10. ザ・ティッシュ~とまらない青春~
11. 梅
12. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
13. 未確認中学生X
14. 使ってポートフォリオ
15. 誘惑したいや
16. 大人はわかってくれない
17. スターダストライト
18. またあえるかな(安本彩花ソロ)
19. フレ!フレ!サイリウム
20. 約束
21. Dear Dear Dear(新曲)
22. えびぞりダイアモンド!!
<アンコール>
23. Go! Go! Here We Go! ロック・リー
24. Lon de Don
25. 仮契約のシンデレラ
26. イッショウトモダチ
27. また明日

私立恵比寿中学「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in 山中湖2014」

2014年8月2日(土)山梨県 山中湖交流プラザきらら シアターひびき
※詳細は後日発表。

私立恵比寿中学スプリングソニー・ミュージックレーベルズルーキーツアー2014~生まれ変わりちょうちょうボーンとエトセトラ~

2014年4月27日(日)大阪府 オリックス劇場
2014年5月4日(日・祝)愛知県 Zepp Nagoya
2014年5月6日(火・祝) 東京都 Zepp DiverCity
2014年5月25日(日)福岡県 Zepp Fukuoka
2014年6月14日(土)宮城県 イズミティ21
2014年6月15日(日)神奈川県 パシフィコ横浜 国立大ホール

<追加公演>
2014年4月29日(火・祝)石川県 石川県政記念しいのき迎賓館(フリーイベント)
2014年5月17日(土)愛媛県 第38回愛媛大学医学部 医学祭(有料)
2014年5月18日(日)大分県 パークプレイス大分(フリーイベント)
2014年5月24日(土)滋賀県 矢橋帰帆島公園(フリーイベント)

※記事初出時、一部本文に事実とは異なる記載がありました。訂正してお詫びいたします。

※特集記事へはこちらから!
ナタリー - [Power Push] ニコナタ(音楽)私立恵比寿中学インタビュー

音楽ナタリーをフォロー