音楽ナタリー

島田昌典コンピにいきもの、YUKI、秦ら&豪華武道館ライブ

788

音楽プロデューサー島田昌典の活動30周年を記念して、彼のプロデュースおよびアレンジ作品を集めたコンピレーションアルバム「島田印 -島田昌典ワークス・ヒットコレクション-」が4月16日にリリースされることが決定した。

aiko、YUKI、いきものがかり、秦基博、FUNKY MONKEY BABYS、Chara、真心ブラザーズ、TOKIO、中森明菜、NIKIIE、ねごと、片平里菜、おおたえみりなど、数多くのアーティストの作品制作に関わりヒット曲を生み出してきた島田。彼の“ワークス・ヒットコレクション”「島田印」には、いきものがかり「SAKURA」、YUKI「歓びの種」、スガシカオ「春夏秋冬」といった代表作をはじめ、秦基博、FUNKY MONKEY BABYS、back number、JUJU、YO-KING、アンダーグラフ、近藤晃央の楽曲が収められる。

また、今作の発売を記念して、島田の誕生日の翌日11月4日に日本武道館でスペシャルライブを開催。このライブには島田、いきものがかり、秦らが出演する。

V.A.「島田印 -島田昌典ワークス・ヒットコレクション-」収録曲 / アーティスト

・SAKURA / いきものがかり
・グッバイ・アイザック / 秦基博
・あとひとつ / FUNKY MONKEY BABYS
・歓びの種 / YUKI
・花束 / back number
・YOU / JUJU
・春夏秋冬 / スガシカオ
・遠い匂い / YO-KING
・ツバサ / アンダーグラフ
・フルール / 近藤晃央
ほか

島田昌典 コメント

ボクには30年間の幾多の出会いに、感謝の言葉しか出てきません。素晴らしいアーティスト、力強い楽曲、その出会いを導き協力くださった多くの方々。思わず、いつものボクの口癖「バラスーシ!」を連発しそうです。心から、ありがたい。この作品集はボクにとっての足跡、音楽人生、まるで写真アルバムのようにキュンとなる宝箱です。イントロが開いた途端、制作行程の細部や、楽曲への秘めた想いまでがスッと顔を出し、生き生きと動き始めます。どんなフレーズにしよう、どの楽曲を使おう、どのテイクを残そう、と試行錯誤したことや、生みの苦しみや喜びを共にしたスタジオの空気、メンバーの表情、交わした言葉、深夜に食べた出前まで。その制作過程のリアルな映像が、胸を占領します。作品は旅立ち、アーティストのパワーに磨かれて、大きく成長してくれました。曲はアーティストのものであり聴く人のもの。聴く人の心に引っかかり育って初めて名曲の仲間入りができます。で、実はボクはその名曲が素っぴんの頃に、そっと印を付けておくんです。島田の、好きな、島田印。ひとさじの隠し味を。これぞプロデュースの醍醐味かもしれません。この作品集を通して、島田印を見つけていただけたら幸いです。

いきものがかり コメント

吉岡聖恵

いつも優しい物腰の、島田さん。島田さんアレンジに載って歌わせて頂くことで、「こういう方向にしよう」と歌を導いて貰えるような感覚が好きです。これからも最高に素敵なアレンジをよろしくお願いします!

水野良樹

レコーディングスタジオでの最初の瞬間。島田さんの譜面とデモを渡されたミュージシャンの皆さんが、第一音を鳴らす瞬間。そのときほど興奮する瞬間はありません。その瞬間に突然、僕らの目の前に完璧な状態で立ち現れる島田サウンド。僕らはそれに出会いたいがために、島田さんに曲を託しているのではないかなと思っています。ぜひ、ひとりでも多くの方に僕らも大好きな、この島田サウンドを聴いて頂きたいです。

山下穂尊

デビュー前からお世話になっている島田さんのコンピアルバムに今回参加出来て大変光栄です。島田さんのアレンジに僕らは毎回絶対の信頼をおいています。今後ともお互い長くお付き合い出来る様に僕らも頑張ります。これからもよろしくお願いします。

秦基博 コメント

島田さんのサウンドは、いつもキラキラで切なくて、聴くと心が躍る。島田さんのアレンジは、曲の持つ輝きを何倍にも増幅させてくれるし、それでいて音のひとつひとつがとても自然に調和している。聴くたびに、音楽が持つ奇跡を、歓びを教えてくれる。島田さんは、その静かな佇まいの中に、熱過ぎるくらいの魂を燃やしている。隠し味のスパイスのように、茶目っ気と少しの毒っ気を隠し持っている。

そして何より音楽への深い愛で溢れている。島田さんの音楽が大好きです。島田会の一員になれて幸せです。

ファンキー加藤 コメント

例えるなら島田さんは名捕手。ひとつの楽曲をより輝ける方へとリードしてくれます。どんなに荒い想いでも「スパーン!」と良い音を立てて捕えてくれます。当時の俺たちなんで(今の俺もそうだけど)華麗な変化球など無く、ただ歌声を真っ直ぐ投げるだけ。しかも球速すらそんなに無い。なのに島田捕手は、しっかりと「あとひとつ」を勝てる作品へ導いてくれました。感謝しかありません。今更ながら胴上げしたいくらいです。いや~しかし島田さん。昨年の日本シリーズ最終戦は、本当に痺れましたね。ニューヨークに飛び立った彼に負けないように、もっともっと俺も頑張るので、いつかまたバッテリーを組んでくださいね。

清水依与吏(back number) コメント

「気持ちを込めて熱く歌う事も大切だけど、聴く人がその歌に自分も重ねられるように、まっすぐに歌う事もとても大事なんだよ」島田さんに頂いたその言葉は、今も僕の歌の真ん中にいます。楽器を買う時も、音作りをする時も、セルフプロデュースの曲を編曲する時の音の積み方も、僕らは島田さんから、影響、の言葉では足りないものすごく大切な物を頂いていると思います。

アンダーグラフ コメント

当時、噂で、「島田さんはバンドのプロデュースをしない」と風の噂で聞いていた。勿論ご本人がおっしゃった訳ではないだろうが、バンドといえば□□□□氏といったように他の方の名前がよく挙がっていた。だから最初お願いしにスタジオに行った時ドキドキした。断られたらどうしようと。だけど、僕らは島田さんじゃなきゃ嫌だった。それまでの島田さんの作品に惚れ込んでいた。スタジオには僕らの大好きな機材が並んでいた。島田さんの言葉、音は、デビューを間近に控えた僕らを優しく包んでくれた。2004年の夏。夢がかなった制作。夢が叶った楽曲。デビューが島田さんで本当に良かった。今でも音楽を好きでいられるのは、全て島田さんのおかげです。

「島田印 -島田昌典ワークス・ヒットコレクション-」発売記念スペシャルライブ(タイトル未定)

2014年11月4日(火)東京都 日本武道館
<出演者>
島田昌典 / いきものがかり / 秦基博 / and more

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】