映画ナタリー

山田涼介と菅田将暉、「暗殺教室」続編で繰り広げた一騎打ちの裏話明かす

2466

下段左から山本舞香、菅田将暉。上段左から松井優征、桐谷美玲、殺せんせーの着ぐるみ。

下段左から山本舞香、菅田将暉。上段左から松井優征、桐谷美玲、殺せんせーの着ぐるみ。

本日2月22日、「暗殺教室 ~卒業編~」の製作報告会見が東京・東京国際フォーラムにて実施された。

本作は、松井優征の同名マンガを実写化した「暗殺教室」の続編。会見には主人公・潮田渚役の山田涼介(Hey! Say! JUMP)、赤羽業役の菅田将暉、死神役の二宮和也、雪村あぐり役の桐谷美玲、柳沢誇太郎役の成宮寛貴、さらに山本舞香、知英、椎名桔平、監督・羽住英一郎、原作者・松井の計10名が出席した。

前作に引き続き主演を務めた山田は、「渚はクラスの中でも目立たない存在だったので、前は弱々しい部分を出すようにしていました。でも今回は、成長した男らしい渚が見れると思います」と胸を張る。本作では菅田扮するクラスメイト・業と、壮絶な一騎打ちを繰り広げる渚。山田は「今だから言えるけど……(菅田から)実際に何発か食らいました」と告白。撮影現場は強風が吹き荒れ、土埃で目も開けていられないほどだったといい、山田は「2人とも感覚だけでぶつかっていました。でもそのおかげで、中学生同士の喧嘩っぽい感じが出せました」とも語る。菅田が「お互い当てる前提でパットを入れていたので。でも一度、カットまで間があったから涼介の背中に蹴りを入れたら、『ごめん、今ピキーンってなった……』って弱々しい声を出していたので、ちょっと反省しました」と伝えると、山田はほほえみながら「いいんだよ」とフォロー。そんな山田に、菅田も「優しいやつなんですよ」と笑顔を返す。

また中学生役を演じたことについて、現在22歳の山田は「まだまだ捨てたもんじゃないなと。30歳くらいまで学生の役をやれたらいいな」とコメント。事務所の先輩である二宮から「俺、こないだ中学生の役やったよ!」と声がかかると、「全然OKみたいです!」と自信をのぞかせる。一方、2月21日に23歳の誕生日を迎えたばかりの菅田は、歳の離れた弟から「お兄ちゃん23歳やなー! もうオッサンやなー!」とお祝いメールが届いたことを明かして、「中学生からしたらもうオッサンなんだなあって……」と肩を落とした。

前作では声のみの出演だった二宮は、本作で殺せんせーの過去の姿を演じることについて「すごくうれしかったですし、生徒たちも知らない殺せんせーの過去の一端を担えるのは非常に光栄でした」と喜ぶ。原作の連載も残すところ5話となっている松井は「監督が原作を大事にしてくれたので、何度も話し合いを重ねていきました。作者として、満足のいく作品に仕上がっています」と太鼓判。その言葉を受け、羽住は「殺せんせーは突拍子もない見た目だけど、生徒が成長していくためには必要な熱血先生。殺せんせーという姿を借りながら、描いてるのは普遍的な人間ドラマ。そこがこの作品の魅力です」と語り、原作の生みの親に感謝を示した。

映画「暗殺教室 ~卒業編~」は、3月25日より全国ロードショー。

暗殺教室×ナタリーストア
※ご購入はこちらから!
暗殺教室×ナタリーストア

(c)2016 フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT (c)松井優征/集英社

映画ナタリーをフォロー