映画ナタリー

小栗旬、柴咲コウらがランウェイをド派手に飾る、「信長協奏曲」完成披露

2461

「信長協奏曲」完成披露試写会の様子。

「信長協奏曲」完成披露試写会の様子。

「信長協奏曲」の完成披露試写会が本日1月7日、東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開催され、キャストの小栗旬柴咲コウ向井理Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔濱田岳高嶋政宏山田孝之水原希子、監督の松山博昭が登壇した。

DJブースとランウェイが用意された会場では、「TOKYO GIRLS COLLECTION」ならぬ「TOKYO SENGOKU COLLECTION」を開催。キャスト陣がそれぞれ華やかな和装で、歓声の中ランウェイを練り歩いた。イベントは劇中音楽を監修したm-floの☆Taku TakahashiによるDJからスタート。胸元の空いたセクシーな着物に身を包んだ水原が登場し、堂々としたウォーキングを見せ付ける。続いて外国人男性モデルを引き連れた高嶋、花魁風に装った女性に囲まれた濱田、獅子を従えた藤ヶ谷がそれぞれランウェイに登場。

劇中で「サル君」と呼ばれる秀吉役の山田は、4組の猿まわしと一緒に現れ会場を沸かせた。また向井は戦国武士と、柴咲は着物姿の女性と、小栗は水着の上に甲冑をまとった女性とランウェイを歩く。小栗はセンターステージにたどり着くと、天を仰ぎながら口に含んでいた水を吹き出し、観客を仰天させた。

松山も合流し、キャスト陣が再集結すると、小栗は「一昨年の10月から始まってやっとここで完結することができました。そして初めて今日皆さんに観てもらえるということで、ここからスタートですので、ぜひ今後とも『信長協奏曲』の応援をよろしくお願いいたします」とコメント。向井は「派手なオープニングになりましたが、それに負けないくらい派手な本編になっていますので、その瞬間を最後まで見届けてください」と呼びかける。

ランウェイデビューを果たした小栗は「とにかく緊張しました」と安堵の表情。水着女子を従えて歩いた感想を聞かれると「ありがたい、めでたいですね!」と笑顔に。また、柴咲は「あまりできない体験でした。裏で皆さんの姿を見ていて面白かったです」と振り返り、藤ヶ谷は「(演じた)前田利家は歌舞伎者ということで、ピンクがポイントですね!」と衣装をアピール。司会者から「嫌々やってました?」とツッコまれた山田は、「いえ、早く『TOKYO GIRLS COLLECTION』に出たいです」と淡々と答えて笑いを誘った。

また、松山は本作について「今作は連ドラのときからあるシンプルなメッセージを持ってずっと作ってきました。もちろん映画にも伝えたいことを込めて作りました。今ここでそのメッセージやテーマを言葉で言うのではなく、観ていただいて皆さんに感じ取っていただけたらと思います」と語る。最後に小栗は「ふぁみりー」としたためた書き初めを掲げ、「家臣団含め、みんなでここまでやってきました。僕らもファミリーのようなチームになりましたし、皆さんにもご家族で観ていただきたいです」と伝え、イベントの幕を下ろした。

「信長協奏曲」は1月23日より全国ロードショー。

(c)石井あゆみ / 小学館 (c)2016「信長協奏曲」製作委員会

映画ナタリーをフォロー