ヤンマガ新連載続々、村田ひろゆき・藤沢とおるら6本始動

 
mixiチェック

2011年12月26日 22:04 20

イメージ

「ドクター早乙女」扉イラスト

イメージ

ヤングマガジン(講談社)では本日12月26日発売の2012年4・5合併号から連続して、計6本の新連載がスタートする。

今号から開始したのは、「バレーボーイズ」シリーズで知られる村田ひろゆきの人情劇「ドクター早乙女」。ヤクザのような風体で威圧的な言動を行う医師・早乙女をはじめ、型破りなスタッフが集う病院を舞台に、医師と患者のやりとりが描かれる。

続いて1月7日発売の6号からは、立沢克美の高校野球マンガ「ポンチョ」が始動。1月16日発売の7号では、同誌初連載となる藤沢とおるの「井の頭(イノヘッド)ガーゴイル」と、AKB48・渡辺麻友が主演するドラマのコミカライズが2本同時に幕を開ける。コミカライズのタイトルやキャラクターカットなどは未発表だが、秋元康企画・原作のもと、中村あきひろがマンガを手がけていく。

さらに1月30日発売の9号からは渡邊ダイスケのサスペンスアクション「半獣」、2月6日発売の10号からは佐々木昇平「革命戦士 犬童貞男(いぬどうさだお)」の2ndシーズンが始まる。誌面や同誌の公式サイトにはカラーカットが掲載されているため、気になる人は覗いてみよう。

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ
コミックナタリーpresents 現役マンガ編集者142人が年度折り返しの秋に選ぶ、この1年間に刺激を受けたマンガBest100。「コミックナタリー大賞 2013」公式サイト
コミナタ漫研 / マンガ家が語る「いま面白いマンガ」月例トークイベント全記録
コミックナタリーのニュースをTwitterでフォロー!