コミックナタリー

日々ロック、全裸でギター弾く拓郎&ヒロイン・咲の姿公開

201

榎屋克優原作による実写映画「日々ロック」のティザービジュアルが公開された。

デザインは全裸でギターをかき鳴らす野村周平演じる日々沼拓郎と、きらびやかな衣装を身にまとった二階堂ふみ扮する宇田川咲の姿をあしらった2種類。拓郎のビジュアルには「ロッカーなのにヘタレ!!」、咲のビジュアルには「アイドルなのに凶暴!!」のコピーが添えられている。また映画の劇伴を黒猫チェルシーが担当することも発表された。

映画「日々ロック」は11月22日に全国ロードショー。監督は「SRサイタマノラッパー」シリーズで知られる入江悠が務める。

野村周平コメント

今回の撮影は僕の中では人生で一番過酷なものでした。でも、その辛さがあったからこそ最後のシーンも気持ちが入りましたし、楽しい撮影になりました。殴られる、蹴られる、全裸で寒い中に放り出されることもあり…あとはラストシーンでものすごい雨と風に当たりながら演奏するシーンもありました。演奏については、去年の12月末からずっと先生とマンツーマンでやってきて、現場に入る前は不安でしたが、ザ・ロックンロールブラザーズの3人とも撮影を通して一体感も生まれてきて、撮影最後のサウンドチェックでは本当にすごいバンドになったと思いました。「日々ロック」は青春もあり、音楽もあり、アクションもあり、ちょっと恋愛もあり、ギクシャクした男と女の関係もあり、いろんなことが詰まっている映画です。あとは音楽の力の強さに気づかせてくれる映画になっています。やっぱり音楽なしでは感動は作れないですし、人を変えられるのも音楽なんだなって思いました。僕も原作がすごく好きで、読者の皆さんの気持ちを裏切りたくないという思いで、死ぬ気で拓郎を演じたので、ぜひその姿を劇場に見に来ていただきたいです。

二階堂ふみコメント

ギターもやって、ダンスもやって、アクションもやって、あっという間で本当に一瞬のことのように感じます。入江さんとは2回目ということもありましたし、どのシーンも結構楽しく演じられたような気はします。撮影では色んな苦労がありましたが、やっぱり宇田川咲というカリスマ性のあるキャラクターを作るにあたって、ファッションに関しては3、4回衣装合わせをするほどこだわったので、そうしたところも見てもらえたら嬉しいです。ライブシーンの撮影は、お客さんも一緒に乗っているっていう設定だったので、画面を通してやらされている感じが出ないように、本当に乗せなきゃいけないと思いました。自分がどこまで出来るんだろうって考えていたけど、楽しく、気持ちよく演じることができました。「日々ロック」は現代のロックンロールな映画だと思います。現場ではすごくバタバタで大変なこともありましたが、その分、凄くライブ感があるとてもロックな映画になったんじゃないかと思います。面白いキャストの方々と、力のあるストーリーをぜひ劇場で、大音量で見てください。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞