いしいしんじの小説をもとにした舞台「トリツカレ男」に野田裕貴・畑中智行ら

277

NAPPOS PRODUCEによる舞台「トリツカレ男」が、10月16日から24日まで東京・こくみん共済 coop ホール / スペース・ゼロで上演される。

野田裕貴

野田裕貴

大きなサイズで見る(全17件)

本作はいしいしんじの小説「トリツカレ男」(新潮文庫)を原作とした舞台作品。2007年と2012年にキャラメルボックスによる舞台版が上演されたほか、2009年にはアトリエ・ダンカンプロデュースによる音楽劇版も披露された。今回は過去のキャラメルボックス公演と同じく、成井豊が脚本・演出を担当する。

レストランでウェイターとして働くジュゼッペは、何かを好きになると寝食を忘れて没頭してしまうため、仲間から“トリツカレ男”と呼ばれていた。オペラや探偵、昆虫採集、外国語、三段跳びなどに熱中していたジュゼッペだったが、ある日彼は外国から来た少女・ペチカに恋をして……。出演者にはジュゼッペ役の野田裕貴、ハツカネズミ・トト役の畑中智行、ペチカ役の原田樹里、新聞記者・レオナルド役の荒木健太朗のほか、多田直人石川寛美三浦剛森下亮久保貫太郎らが名を連ねた。

成井は本作について「『トリツカレ男』もラブストーリーですが、これほどピュアで、ストレートで、熱い物語は他にありません。迷っている人、苦しんでいる人に、ぜひ見に来てほしい。ジュゼッペの生きざまが、胸の中のモヤモヤを吹き飛ばすでしょう」と語っている。チケットの一般販売は9月4日にスタート。

成井豊コメント

「トリツカレ男」の初演は、今から14年前の2007年。自画自賛で恐縮ですが、お客様方から圧倒的なご好評をいただき、すぐに再演しました。人が人を好きになること。それは、九九や逆上がりのように、誰でもできることなのに、なぜかとっても難しい。誰もが迷い、苦しむ。だから、世の中にはラブストーリーが溢れているのでしょう。

「トリツカレ男」もラブストーリーですが、これほどピュアで、ストレートで、熱い物語は他にありません。迷っている人、苦しんでいる人に、ぜひ見に来てほしい。ジュゼッペの生きざまが、胸の中のモヤモヤを吹き飛ばすでしょう。吹き飛ばせるように、頑張ります。

この記事の画像(全17件)

NAPPOS PRODUCE 舞台「トリツカレ男」

2021年10月16日(土)~24日(日)
東京都 こくみん共済 coop ホール / スペース・ゼロ

原作:いしいしんじ「トリツカレ男」(新潮文庫)
脚本・演出:成井豊
出演:野田裕貴畑中智行原田樹里荒木健太朗多田直人石川寛美三浦剛森下亮久保貫太郎幸田尚子百花亜希、稲田ひかる、澤田美紀、舟木健、島野知也、建入深雪、上ノ町優仁

全文を表示

関連記事

野田裕貴のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 野田裕貴 / 畑中智行 / 原田樹里 / 荒木健太朗 / 多田直人 / 石川寛美 / 三浦剛 / 森下亮 / 久保貫太郎 / 幸田尚子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします