高座と芝居が融合?「銀色のライセンス」に竹内都子、中西良太、倉野章子ら

23

「銀色のライセンス」が9月に東京、来年3月に石川で上演される。

左から竹内都子、中西良太、倉野章子。

左から竹内都子、中西良太、倉野章子。

大きなサイズで見る(全7件)

「銀色のライセンス」は、丸福ボンバーズの福島三郎が作・演出を手がける新作。首都圏のベッドタウンにある自動車学校を舞台に、かつて鬼軍曹と呼ばれた教官と高齢の受講者、その家族らのさまざまな人生模様が描かれる。公式サイトには作品の核となる「落語と芝居の融合! 高座から始まる物ものがたり──」というキャッチコピーが記されており、本作では真打の落語家が一席披露したあと、劇世界が展開していく。

出演者は、竹内都子中西良太倉野章子吉田芽吹、古今亭菊志ん。チケットの販売開始は8月中旬を予定している。公演は9月16日から22日まで東京・テアトルBONBON、来年3月20・21日に石川・能登演劇堂にて。

この記事の画像(全7件)

「銀色のライセンス」

2020年9月15日(火)~22日(火・祝)
東京都 テアトルBONBON

2021年3月20日(土・祝)・21日(日)
石川県 能登演劇堂

作・演出:福島三郎
出演:竹内都子中西良太倉野章子吉田芽吹、古今亭菊志ん

※2020年6月19日追記:新型コロナウイルスの影響で、東京公演の日程が変更になりました。

全文を表示

関連記事

竹内都子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 竹内都子 / 中西良太 / 倉野章子 / 吉田芽吹 / 福島三郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします