笠井叡が澁澤龍彦の遺作に挑む「高丘親王航海記」世界初演が幕開け

215

笠井叡迷宮ダンス公演「高丘親王航海記」が、昨日1月11日に京都・ロームシアター京都 サウスホールで開幕した。

笠井叡迷宮ダンス公演「高丘親王航海記」より。(撮影:守屋友樹)

笠井叡迷宮ダンス公演「高丘親王航海記」より。(撮影:守屋友樹)

大きなサイズで見る(全13件)

笠井叡迷宮ダンス公演「高丘親王航海記」より。(撮影:守屋友樹)

笠井叡迷宮ダンス公演「高丘親王航海記」より。(撮影:守屋友樹)[拡大]

笠井叡が演出・振付・台本を手がける本作は、笠井の盟友である澁澤龍彦の遺作「高丘親王航海記」を原作とした、世界初演作。ダンスと音楽、語り、映像によって平城帝の第三皇子・高丘親王の天竺への旅が描かれる。

上演に向けて笠井は、「高丘親王は貞観七年(865年)、広州から船で天竺に向かった。時に67歳。さまざまな国、海をへめぐって、羅越国で虎の大群に出会い、薨去(こうきょ)したといわれる……この精神の冒険で、舞台と客席にひとつの橋を架けます!」と意気込みを語っている。

上演時間は約2時間。京都公演は本日12日まで行われ、東京公演は24日から27日まで世田谷パブリックシアターで実施される。

この記事の画像(全13件)

笠井叡迷宮ダンス公演「高丘親王航海記」

2019年1月11日(金)・12日(土)
京都府 ロームシアター京都 サウスホール

2019年1月24日(木)~27日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

原作:澁澤龍彦
演出・振付・台本:笠井叡
意匠・舞台美術・衣装デザイン:榎本了壱
出演:笠井叡、黒田育世近藤良平笠井瑞丈上村なおか岡本優、篠原くらら / 寺田みさこ(京都公演のみ)、酒井はな(東京公演のみ)/ 伊佐千明、大江麻美子、大熊聡美、熊谷理沙、政岡由衣子、矢嶋久美子(以上、BATIK)/ 浅見裕子、野口泉、原仁美、三上周子、宮原三千世、山口奈緒子、蜜人/自然霊(以上、天使館)

全文を表示

関連記事

笠井叡のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 笠井叡 / 黒田育世 / 近藤良平 / 寺田みさこ / 酒井はな / 笠井瑞丈 / 上村なおか / 岡本優 / 大江麻美子 / 野口泉 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします