ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

近藤良平&ハンドルズ、初の遠征公演が終了「初めての そんなふうな 気がしない」

172

「近藤良平とハンドルズによるダンス公演『初めての そんなふうな 気がしない』」より。(c)池田ひらく / 提供:金沢21世紀美術館

「近藤良平とハンドルズによるダンス公演『初めての そんなふうな 気がしない』」より。(c)池田ひらく / 提供:金沢21世紀美術館

近藤良平とハンドルズによるダンス公演「初めての そんなふうな 気がしない」が、昨日3月11日に石川・金沢市民芸術村 パフォーミングスクエアで上演された。

ハンドルズは、近藤と埼玉県の障害者たちが2009年に結成したダンスカンパニー。これまで埼玉県内で公演を行ってきた彼らが初めて挑んだ遠征公演には、近藤やハンドルズメンバーの8人をはじめ、コンドルズ山本光二郎ぎたろー、手話バンド・こころおとの代表で手話通訳士の武井誠が出演。さらに“金沢の仲間たち”や金沢在住のダンサー・なかむらくるみがゲストとして参加した。

構成・振付を手がけた近藤は「タイトルにある『初めての気がしない』の言葉通りに、会って間もない埼玉と金沢のメンバーだが、息が合っていたし一つの仲間となれて本当によかった」と喜びを語った。

近藤良平コメント

初めての遠征となる金沢では、これまでのハンドルズ公演の中から選りすぐりのダンスやコントシーンを集めて構成した。ハンドルズのメンバーがその振りや流れを身体でよく覚えていることに驚いた。
金沢の仲間たちは、埼玉に比べて比較的若くて、前に出てくるエネルギーに満ちていた。表現したい意志があればなんでもできることをあらためて教えられた気持ちだ。
タイトルにある「初めての気がしない」の言葉通りに、会って間もない埼玉と金沢のメンバーだが、息が合っていたし一つの仲間となれて本当によかった。

小林靖幸(ハンドルズ)コメント

やりきった!!
でも自分の出来としては80点かも……緊張して最初の方は空回りした。
金沢の仲間たちはみんなやさしい人ばかりで楽しかった。
ぼくらががんばっているところをこれからも多くの方に見てもらいたい。

山口映子(金沢の仲間たち)コメント

(公演を終えて)充実感、達成感でいっぱい。5年前から車いすがなければ移動できなくなったが、まだ動いている上半身をつかって表現したい気持ちが逆に強くなった。近藤良平さんのファンで、金沢21世紀美術館のウェブサイトを見て昨年8月の第一回ワークショップに参加した。公演までやってこられて本当によかった。

「近藤良平とハンドルズによるダンス公演『初めての そんなふうな 気がしない』」

2018年3月11日(日)
石川県 金沢市民芸術村 パフォーミングスクエア

構成・振付:近藤良平
出演:ハンドルズ金沢遠征メンバー(石村良之、小倉正裕、川上正太郎、小林靖幸、篠原誠、須賀亜未香、杉浦淳子、堀口旬一朗)、近藤良平、山本光二郎ぎたろー、武井誠
ゲスト:金沢の仲間たち、なかむらくるみ

ステージナタリーをフォロー