ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

“ダンス劇”作家・熊谷拓明、新作は落語と踊りの共通点に着目した「踊る楽語」

83

踊る「熊谷拓明」カンパニーによる「踊る楽語」が、2月から4月にかけて、東京都中野区の特設会場・野方噺亭で上演される。

踊る「熊谷拓明」カンパニーは、自らが作・演出・振付を手がける作品を“ダンス劇”と呼ぶ熊谷拓明が、自身の作品を上演するカンパニー。独特のゆるいセリフとしなやかな動きで、物語性のあるダンス作品を数多く発表している。

今回は、落語における“演じ分け”やキャラクターのデフォルメに踊りとの共通点を見い出した熊谷が、新作を書き下ろし。「芝の匂い」「山の海」「坂下の魚屋」「傾けると吉」の4作品を回替わりで披露する。上演時間は約45分を予定。2カ月のロングランを経て、作品が変化していく様にも注目だ。

踊る「熊谷拓明」カンパニー「踊る楽語」

2018年2月24日(土)、3月3日(土)、10日(土)、17日(土)、24日(土)、31日(土)、4月7日(土)、14日(土)、21日(土)
東京都 野方噺亭(東京都中野区野方5-31-8)

作・演出・出演:熊谷拓明

ステージナタリーをフォロー