四谷怪談×忠臣蔵×監禁殺人事件、3度目の「四谷怪談」に西田大輔が手応え

1642

西田大輔脚本・演出による「四谷怪談」が、昨日12月21日に東京の全労済ホール / スペース・ゼロで開幕した。

「四谷怪談」より。

「四谷怪談」より。

大きなサイズで見る(全28件)

「四谷怪談」より。

「四谷怪談」より。[拡大]

「四谷怪談」と「忠臣蔵」、そして実際に起こった監禁殺人事件を題材に、“恐怖”を描き出す本作。2012年に初演、15年に再演され、今回が3度目の上演となる。17年版には、脚本・演出の西田、田中良子村田洋二郎といったAND ENDLESSの面々に加え、谷口賢志北村諒松永有紗らが出演する。

「四谷怪談」より。

「四谷怪談」より。[拡大]

開幕に際し、西田は「自分の中で墓に持って行きたいくらいの物が出来ました。演劇界への挑戦とも言える作品です。是非、観に来て下さい」と手応えを語った。公演は12月28日まで。

田中良子コメント

開幕に向けて、高揚するというような感覚はこの作品に関しては無くて…ただ、ただ真摯に届けたいと思っています。劇場の扉を出た時に、世界が1つ明るくなるような、そんな時間をつくりたいです。

村田洋二郎コメント

目が離せない瞬間を作る。ずっとお客様が前のめりでお芝居を見続けてしまうような作品にしたいです。終わった時に、お客様が客席の背もたれに寄りかかり「ふぅ」と一息つくような。笑って泣けて心いっぱいになる作品でもないですし、恐怖、残酷、可哀想と思われたい作品でもないと思っています。目が離せない瞬間を、舞台でしかできない表現でお届けできればと思っております。

谷口賢志コメント

本当に怖いものを探す旅は、本当に美しいものを探す旅であり、本当の自分を探す旅でした。度肝を抜きたい、思考を揺さぶりたい、未知なる感情を届けたい、忘れられない瞬間を目に焼き付けたい。そして何より、みなさんと一緒に創りたい。舞台「四谷怪談」いよいよ開幕です。四面舞台は、演者も観客も、逃げ場はありませんが、逆にすべてを見守られてもいます。現実に繋がる虚構の中、一緒に探しに行きましょう。

北村諒コメント

ついにきたという感じです。
年末にふさわしく、ふさわしくない作品。
必死に生きて、生きて、生きる。
観なかったら後悔します。
させます。

松永有紗コメント

いよいよ幕をあけますっ!
この作品と役と向き合って、今までに感じたことのない新しい感情や自分の中のどこかに隠れていたんだろうな~という感情に出会いました。
ただ怖いだけじゃなくて、観劇後になにか大切なことを受け取っていただける作品だと思います。
沢山の方に、一緒に、あの空気を感じてほしいです。
頑張ります! よろしくお願いします。

西田大輔コメント

自分の中で墓に持って行きたいくらいの物が出来ました。
演劇界への挑戦とも言える作品です。
是非、観に来て下さい。

この記事の画像(全28件)

「四谷怪談」

2017年12月21日(木)~28日(木)
東京都 全労済ホール / スペース・ゼロ

原作:鶴屋南北
脚本・演出:西田大輔
出演:田中良子村田洋二郎 / 谷口賢志 / 勝也、三枝奈都紀伊藤孝太郎 / 阿部裕 / 長谷部優青木空夢一内侑安藤遥、小林亜実 / 阿部英貴、平野雅史、竹内諒太 / 北村諒松永有紗 / 西田大輔 ※一部Wキャスト

全文を表示

関連記事

西田大輔のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 西田大輔 / 田中良子 / 村田洋二郎 / 谷口賢志 / 北村諒 / 松永有紗 / 三枝奈都紀 / 伊藤孝太郎 / 長谷部優 / 青木空夢 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします