ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

南河内万歳一座「守護神」内藤裕敬「守る為には攻めねばならないこともある」

16

南河内万歳一座「守護神」が、5月から6月にかけて大阪と東京で上演される。

作・演出を手がける座長の内藤裕敬は上演に向け、「守る為には攻めねばならないこともある」とコメント。「なんとなく、守る為のリスクに対して、私達、ちょっと鈍感デナイノ?と、しばしば思うのね。守るリスクの方が重くて、デカイんじゃねぇかなぁ? あれ! 俺達、何を守ろうとしてるんだっけ? そんな物語が、守護神です」とステージナタリーに意気込みを寄せた。出演者には、内藤ら劇団員と、PM/飛ぶ教室のや乃えいじ、空晴の南川泰規、空間悠々劇的のことえほかが名を連ねている。

公演は5月24日から29日まで大阪・一心寺シアター倶楽、6月7日から11日まで東京・ザ・スズナリにて。

内藤裕敬コメント

攻める為に!と言うよりは、守る為に! そう思い、日々を暮らしている私達だと思っている。
しかし、時に、守る為には攻めねばならないこともある。攻めれば何らかのリスクを伴なう。
それでは、守っていればリスキーではないと言えるのか? 守る為のリスクも、それなりにデカインデナイノ?
と思うわけです。なのに、なんとなく、守る為のリスクに対して、私達、ちょっと鈍感デナイノ?と、しばしば思うのね。守るリスクの方が重くて、デカイんじゃねぇかなぁ? あれ! 俺達、何を守ろうとしてるんだっけ?
そんな物語が、守護神です。

南河内万歳一座「守護神」

2017年5月24日(水)~29日(月)
大阪府 一心寺シアター倶楽

2017年6月7日(水)~11日(日)
東京都 ザ・スズナリ

作・演出:内藤裕敬
出演:鴨鈴女荒谷清水木村基秀福重友、皆川あゆみ、鈴村貴彦、松浦絵里、市橋若奈、寒川晃、内藤裕敬 / や乃えいじ、南川泰規、ことえ / 有田達哉、こんどうちひろ、園木愛、深谷みのり、万姫

ステージナタリーをフォロー