ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

吸血シーン満載!「DIABOLIK LOVERS」再演に山崎大輝「悔いなく終えたい」

2281

「DIABOLIK LOVERS~re:requiem~」ゲネプロの様子。

「DIABOLIK LOVERS~re:requiem~」ゲネプロの様子。

「DIABOLIK LOVERS~re:requiem~」が、本日8月24日に東京・品川プリンスホテル クラブeXにて開幕。公演に先がけ、ゲネプロと囲み取材が本日行われた。

本作は、シチュエーションCD、アニメ、ゲームと幅広くメディアミックスされている、吸血鬼と主人公との過激な恋模様を描いた「DIABOLIK LOVERS」を原作とした物語。2015年8月に初演され、1年ぶりの再演となる今回も、演出をなるせゆうせいが、脚本を太田ぐいやが担当する。

ゲネプロでは、“ドSな吸血鬼”・逆巻兄弟に扮した6人のキャストが、高宗歩未演じる“生贄の花嫁”・小森ユイをあの手この手で翻弄。彼らが披露する劇中歌やセクシーな吸血シーンが、観客を「DIABOLIK LOVERS」の世界へと誘う。また回転する円形舞台を利用した晩餐会の場面や、吸血鬼と闇夜をイメージさせる、赤と黒を基調としたセットも見どころの1つ。そして物語の鍵を握る人物、塩川渉演じる逆巻兄弟の叔父・リヒターの登場にも注目したい。

囲み取材に応じたのは、“俺様ドS”・逆巻アヤト役の山崎大輝、“ツンツンヤンドS”・逆巻カナト役の大原海輝、“粘着系ドS”・逆巻ライト役の井深克彦、“無気力系ドS”・逆巻シュウ役の安里勇哉、“執事系ドS”・逆巻レイジ役の高崎俊吾、“暴愛系ドS”・逆巻スバル役の土井一海。再演にあたって山崎は、「初演のときは少しやり残した部分があったので、今回は悔いなく終えられるようにがんばります」と意気込みを見せ、高崎は「初演を経てカンパニーとしての軸ができていたが、新キャストを迎えたことによって、さらに軸が太くなったと思う。楽しく和気藹々とやらせてもらってます」と笑顔で語った。

今回新たにキャストに加わった大原は、「普段あまり感情をあらわにしないので、喜怒哀楽を表現するカナトを演じることへの戸惑いもありましたが、この場面でカナトだったらどうするかな?と考えながら過ごしていました」と回答。続く井深は自らの役柄について「ライトといえば“粘着質ドS”。自分にしか出せない色っぽさを出せたら」と抱負を述べた。

また井深は、円形舞台での上演にあたって「360度観られているという意識を持って、普段とは違う観せ方をしなければならない」と苦労を明かす。これを受けた安里は「客席の場所によってキャスト表情が全く違うので、何度でも楽しめる作品になっています。いろんな角度から楽しんでみてください」と見どころを語った。

自身が演じるスバルと「共通点が多い」という土井は、「『あっ、ここ、土井くんっぽい』『でもスバルっぽい』と見比べながら楽しんでみてください」と注目ポイントを挙げる。さらに土井をはじめとするキャストたちは、逆巻アヤト、逆巻カナト、逆巻ライトの母・コーデリアを演じる加藤千尋の作品愛に言及。「加藤さんがディアラバのドラマCDをみんなに貸してくれて、僕たちはそれを聞いてイメージを膨らませたんです」と口々に明かした。

「DIABOLIK LOVERS~re:requiem~」は、8月28日まで。また終演後には、日替わりアフターイベントが予定されており、観客が自身の携帯電話やスマートフォンでステージ上の逆巻兄弟を撮影できる「逆巻兄弟・特別撮影会」や、メインキャストが観客に感謝の思いを伝える「ハイタッチ会」、作品でおなじみの晩餐会シーンをキャストを入れ替えて再現する「シャッフル晩餐会」が楽しめる。こちらも併せてチェックしよう。

「DIABOLIK LOVERS~re:requiem~」

2016年8月24日(水)~28日(日)
東京都 品川プリンスホテル クラブeX

原作:アニメDIABOLIK LOVERS
原作協力:DIABOLIK LOVERS PROJECT
脚本:太田ぐいや
演出:なるせゆうせい

キャスト

逆巻アヤト:山崎大輝
逆巻カナト:大原海輝
逆巻ライト:井深克彦
逆巻シュウ:安里勇哉
逆巻レイジ:高崎俊吾
逆巻スバル:土井一海
小森ユイ:高宗歩未
リヒター:塩川渉
コーデリア:加藤千尋
アンサンブル:鈴木健斗、本間健太、松岡拓弥、鳥越理沙子、疋田ちはる

(c)Rejet・IDEA FACTORY/DIABOLIK LOVERS MB PROJECT (c)舞台「DIABOLIK LOVERS」製作委員会

ステージナタリーをフォロー