ゲーム「黒蝶のサイケデリカ」が舞台に、演出は忍ミュの菅野臣太郎

312

「黒蝶のサイケデリカ」が舞台化され、8月3日から7日まで東京・紀伊國屋ホールで上演される。

舞台「黒蝶のサイケデリカ」キービジュアル

舞台「黒蝶のサイケデリカ」キービジュアル

大きなサイズで見る

2015年にアイディアファクトリーから発売されたPlayStation Vita向けの同名ゲームを原作にする本作。自分の過去にまつわるすべて記憶を失った少女が、同じ境遇の男性たちと生き残りをかけて拳銃を手に“黒蝶狩り”を行い、万華鏡の欠片を集めるサスペンスラブストーリーだ。従来の乙女ゲームとは異なる世界観で発売直後から人気を博し、続編である「灰鷹のサイケデリカ」の発売も決定している。

脚本・演出はミュージカル「忍たま乱太郎」を手がける菅野臣太郎が担当する。キャストなど詳細については、続報を待とう。

黒蝶のサイケデリカ

2016年8月3日(水)~7日(日)
東京都 紀伊國屋ホール
 
原作:オトメイト(「黒蝶のサイケデリカ」アイディアファクトリー)
脚本・演出:菅野臣太郎

全文を表示

関連記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします