磯村純

イソムラジュン

1996年に劇団青年座 文芸部へ入団し、宮田慶子に師事する。宮田、マキノノゾミ、木村光一などの演出助手を務めたあと、98年に青年座スタジオ公演「こもれびの中で」で演出家デビュー。主な演出作品に「さよなら竜馬」「蛇」「俺の酒が呑めない」「ブンナよ、木からおりてこい」「眞田風雲録」「安楽病棟」などがある。現在、青年座研究所教務、日本大学藝術学部映画学科非常勤講師、日本工学院専門学校講師を務めている。