BREAKERZ新曲MVにDAIGOの娘出演「“OKHKE=親子初共演”です」

589

BREAKERZの新曲「I love my daughter」が本日1月12日に配信リリースされ、併せてこの曲のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

BREAKERZ

BREAKERZ

大きなサイズで見る(全3件)

BREAKERZ「I love my daughter」通常盤ジャケット

BREAKERZ「I love my daughter」通常盤ジャケット[拡大]

「I love my daughter」は2月10日に発売されるニューシングル表題曲で、ABCテレビで放送中のドラマ「ミヤコが京都にやって来た!」のためにバンドが書き下ろした主題歌。「ミヤコが京都にやって来た!」は父と娘のハートウォーミングな人情ドラマで、主人公の柿木空吉役を佐々木蔵之介、空吉の娘・ミヤコ役を藤野涼子が演じている。

DAIGO(Vo)は、この曲のMVやニューシングルのジャケットで自身の娘と“OKHKE(=親子初共演)”。通常盤ジャケットにはDAIGOが娘を抱きかかえている写真が使用されている。彼は娘との共演の経緯について、「父と娘のドラマの曲を担当することになり、MVも父と子どもが登場する絵コンテが上がってきたのですが、コロナの状況もあり父親役のキャスティングが難航し、最終的に僕が出演することになりました。それならば子どもも本当の娘の方が良い作品になるのでは、ということで娘が出演することになりました」とコメントしている。

この記事の画像・動画(全3件)

DAIGO(Vo)コメント

今回の「I love my daughter」のミュージックビデオの見所は、まさに“OKHKE=親子初共演”です。こういう機会は中々ないので本当にメモリアルな曲になることは間違いない。いずれ見返した時に娘にとっても想い出深い曲になると思います。

全文を表示

関連記事

BREAKERZのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BREAKERZ / DAIGO / 佐々木蔵之介 / 藤野涼子 / 北川景子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。