音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

謎の新人・珠妃、ドラマ&映画主題歌で鮮烈デビュー

14

女性シンガー・珠妃(たまき)が2011年1月26日に1stアルバム「夜想曲」をリリースする。

11月21日(日)からWOWOWにて放送される、東野圭吾原作、深田恭子主演ドラマ「幻夜」の主題歌「光の彼方へ」を歌っている珠妃。プロフィールおよびビジュアルは明かされておらず、謎めいたシンガーとして注目を集めている。

1stアルバム「夜想曲」には「光の彼方へ」のほか、2011年1月29日公開の映画「白夜行」の主題歌に起用されたタイトル曲を含む7~9曲が収録。プロデュースはSuperflyらを手がけるクリエーター集団・アゲハスプリングスが担当しており、その内容に期待が高まるところだ。

現在レーベル公式YouTubeチャンネルでは「夜想曲」のフルサイズ試聴を実施中。スケール感あふれるサウンドと、珠妃の切なげで繊細なボーカルを楽しむことができる。なおこの曲の着うたフルは、12月上旬から配信がスタートする予定。

■珠妃「夜想曲」

音楽ナタリーをフォロー