音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ゆず、MIYAVIが東京五輪イベントで演奏、2020年へ向けて音楽で盛り上げる

2474

ゆず

ゆず

本日11月26日に東京・丸の内の行幸通りでイベント「東京2020参画プログラム 文化オリンピアードナイト」が開催された。イベントはトークセッションとコンサートの2部制で実施され、コンサートにはMIYAVI、そしてサプライズゲストとしてゆずが登場した。

このイベントは、2020年開催の「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」に向けて行われたもの。第1部にはモデレーターの宮本亜門、東京2020組織委員会文化・教育委員会委員の市川海老蔵らが登壇し、“2020年に日本の文化芸術をどのように世界へ発信していくか”というテーマのもとそれぞれ思いを語った。

宮本が企画・構成を担当した第2部のコンサートは、東京ニューシティ管弦楽団による美しいハーモニーが響きわたる「東京オリンピックファンファーレ」で幕を開けた。ソプラノ歌手の森谷真理が「オリンピック賛歌」を歌唱したあと、MIYAVIが颯爽とステージへ。彼は力強い太鼓の音と美しいオーケストラのハーモニーをバックに「炎のランナー」を演奏した。彼の熱のこもったギタープレイと義足のダンサー大前光市のアクロバティックなパフォーマンスによって、会場はエモーショナルな雰囲気へと導かれる。演奏を終えたMIYAVIは「この場所に立てて、文化の力で日本の魅力を伝えられたことを光栄に思っています。西洋の文化のオーケストラと日本の文化の和太鼓と大前さんの障害を乗り越えた強さをひとつにして届けられたらいいなと思いました」と誇らしげに語った。

イベントも終盤に差しかかった頃、ゆずが司会のSHELLYにサプライズゲストとしてステージへと呼び込まれた。彼らは大歓声の中、NHKアテネオリンピック放送テーマソング「栄光の架橋」を披露。2人はじっくりと思いを込めるように、東北の高校生による合唱とオーケストラの演奏に丁寧に歌声を重ねていった。そして彼らはイベントのエンディングを飾るナンバー「ワンダフルワールド」へとつなげ、再びステージに登場したこの日の出演者と共に楽曲を届けた。岩沢厚治が「(オリンピックは)だいぶ先の話だと思っていたら、あと1000日しかないんですね。準備しとかないと!」と笑顔を見せると、北川悠仁は「とても楽しみです。僕たちは音楽と芸術でオリンピックを盛り上げるためにこれからがんばっていければと思っています!」と声を弾ませた。

音楽ナタリーをフォロー