戸次重幸が「SUPER RICH」で共同CEOに、中村ゆりは江口のりこの親友役

620

戸次重幸TEAM NACS)と中村ゆりがフジテレビ系連続ドラマ「SUPER RICH」に出演することがわかった。

左から戸次重幸、中村ゆり。

左から戸次重幸、中村ゆり。

大きなサイズで見る(全10件)

江口のりこ

江口のりこ[拡大]

本作の主人公は、金はあるが愛に飢えたベンチャー企業社長・氷河衛。愛はあるが金がない専門学校生の春野優と出会った彼女が、会社に襲いかかる困難を次々と乗り越えていくさまが描かれる。電子書籍を手がける「スリースターブックス」の代表取締役CEO・衛役で江口のりこ、同社のインターンに応募してきた優役で赤楚衛二がキャスティングされた。町田啓太、菅野莉央、板垣瑞生、嘉島陸、野々村はなの、茅島みずき、矢本悠馬、志田未来、美保純、古田新太が脇を固める。

戸次が演じるのは「スリースターブックス」の共同CEOであり、衛の人生に大きな影響を与えた一ノ瀬亮(いちのせりょう)。政治家の父を持ち、幼少期から裕福な生活を送っていたことから金に無頓着な一面がある一ノ瀬は、会社をより大きくするため、他社への投資に注力しており、役員たちからは資金のやりくりを危惧されている。しかし衛は大学時代に出会い、二人三脚で会社を成長させてきた一ノ瀬に全幅の信頼を置いており、彼の頼みごととなると、投資計画に無理があってもついつい許してしまう。

そして中村が「スリースターブックス」の財務責任者で、社員たちのよきお姉さん的存在の今吉零子(いまよしれいこ)役で出演。衛にとって初めてできた女友達であり、会社の創業当時から公私ともに衛を支えてきた零子は、一ノ瀬に甘くなってしまう衛に苦言を呈することも。

戸次は「一ノ瀬を演じるにあたっては、“良い感じにライトに、ごくたまに真面目に”、と心がけています。彼の内面にあるであろう、衛に対する劣等感も忘れずに日々取り組んでいます。一ノ瀬は、1話の最後にとんでもない事をやらかします。それによって物語が進んでいきますので、どうぞお楽しみに!」とコメント。中村は舞台で共演して以来、親交があるという江口について「一緒にいて楽しくて笑いっぱなしなのですが、知れば知るほど、とてもシャイでかわいい一面のある方で、そんな部分も大好きです」と述べ、「今回、親友役として江口さん演じる衛さんを支える役どころをやらせていただけるという事で、“もう全身全霊、私が支えちゃう!”という思いです♡」とつづった。

「SUPER RICH」は10月14日22時8分に放送がスタートし、以降毎週木曜22時からオンエア。溝井英一デービスが脚本を手がけ、三橋利行、平野眞、相沢秀幸、阿部雅和が演出を担当する。

木曜劇場「SUPER RICH」

フジテレビ系 2021年10月14日(木)スタート 毎週木曜 22:00~22:54
※初回は22:08スタート、15分拡大

戸次重幸 コメント

「グッド・ドクター」「監察医 朝顔」と同じ制作チームということで、出演を即答しました。お声がけいただけてうれしかったです。台本を読んで思ったのは、“やはりお金が絡むお話は面白い!”ということでした。共演する江口さんは、元々関西出身でいらっしゃって、今回は関西弁のキャラクターということもあるのか、素の時と演技されている時のギャップが全くない、という印象です。
一ノ瀬を演じるにあたっては、“良い感じにライトに、ごくたまに真面目に”、と心がけています。彼の内面にあるであろう、衛に対する劣等感も忘れずに日々取り組んでいます。一ノ瀬は、1話の最後にとんでもない事をやらかします。それによって物語が進んでいきますので、どうぞお楽しみに!

中村ゆり コメント

まず、主人公の衛さんが関西弁な所にワクワクしましたし、オリジナルストーリーという事でどういう展開になるのかがとても楽しみです。台本を読み、とても進展的で時代の変化を捉えている脚本だなと思いました。私が演じる今吉にも、これから展開されていく秘めた設定があり、演じるのがとても楽しみです。「SUPER RICH」はお仕事ドラマではありますが、その中にも生き方、幸福感や愛の形など、たくさんのテーマが詰まっているお話だと思いました。
共演する江口さんとは10年前に舞台で共演してからのお付き合いで、めちゃくちゃ面白くて私の笑いのツボをギュンギュン突いてきてくださるので、一緒にいて楽しくて笑いっぱなしなのですが、知れば知るほど、とてもシャイでかわいい一面のある方で、そんな部分も大好きです。今回、親友役として江口さん演じる衛さんを支える役どころをやらせていただけるという事で、“もう全身全霊、私が支えちゃう!”という思いです♡
今吉は、仕事に対しても大事な人に対しても、責任感があり真面目で真っ直ぐな人なので、時にはそんな自分に苦しむ事もあるかもしれませんが、自分が信じたもの、守りたいもののために、不器用にも純粋に演じられたらと思います。それぞれが仲間のため、会社のために、切磋琢磨(せっさたくま)しながら、時にぶつかり合いながら、仕事だけではなく、それぞれの幸せを見つけていけるドラマになると思います。オリジナルストーリーですので、先の読めない展開もぜひ楽しみに見てくださるとうれしいです!

金城綾香(プロデューサー・フジテレビ第一制作部)コメント

江口さん演じる主人公・氷河衛にとって、同世代の一ノ瀬亮と今吉零子は特別な存在です。亮は、ずっと孤独だった衛にとって初めての友人で、会社をともに立ち上げた同志ですし、今吉はいろいろなプライベートの話までできる初めての同性の友人です。戸次さんはその場をぱっと照らしてくださる太陽のような方で、戸次さんが演じてくださることによって、亮という役も明るくハツラツとして、衛が吸い寄せられていくのもわかるなと思える、非常に魅力的な男性になりました。今まで「グッド・ドクター」「監察医 朝顔」で戸次さんとご一緒してきましたが、これまでにない役柄になっていると思います。今吉は、衛にとっても会社にとってもバランサーでありながら、心のケアもできる親友です。衛はCEOではありますが、その前に1人の人間です。衛が背負うプレッシャーやストレスを少しでも軽くしてあげたいと、今吉は力を注いでいるのですが、そんな優しさと柔らかさを兼ね備えていながらも、仕事をキチンとこなしていく有能で時にクールな一面もあり、その両面を表現していただけるのは中村さんだと思い、オファーさせていただきました。衛との距離、他の社員との距離、細かく演じ分けてくださっているので、どのシーンもとても意味のあるものになっています。

この記事の画像(全10件)

関連記事

戸次重幸のほかの記事

リンク

(c)フジテレビ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 戸次重幸 / TEAM NACS / 中村ゆり / 江口のりこ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。