「おちょやん」モデル・浪花千栄子の特集上映を大阪で、「祇園囃子」など15本

339

特集上映「『おちょやん』記念 難波の名女優 浪花千栄子」が、5月8日から28日にかけて大阪のシネ・ヌーヴォで開催される。

「祇園囃子」 (c)KADOKAWA1953

「祇園囃子」 (c)KADOKAWA1953

大きなサイズで見る(全8件)

「小早川家の秋」 (c)東宝

「小早川家の秋」 (c)東宝[拡大]

現在放送中のNHK連続テレビ小説「おちょやん」の主人公・竹井千代のモデルとなった浪花千栄子。大阪で生まれ1926年に銀幕デビューを果たした浪花は、関西弁を駆使した名脇役として活躍した。

「お父さんはお人好し」 (c)KADOKAWA1955

「お父さんはお人好し」 (c)KADOKAWA1955[拡大]

「伊豆の踊子」 (c)日活

「伊豆の踊子」 (c)日活[拡大]

今回の特集では、浪花が花菱アチャコと共演した「アチャコ青春手帖 東京篇」や「お父さんはお人好し」、織田作之助の小説を豊田四郎が映画化した「夫婦善哉」、浪花がブルーリボン賞助演女優賞に輝いた溝口健二の監督作「祇園囃子」など15作品を上映。さらに小津安二郎の「小早川家の秋」、吉永小百合高橋英樹が共演した「伊豆の踊子(1963年)」もスクリーンにかけられる。

チケットは、鑑賞日の3日前から窓口とオンラインで販売。上映スケジュールはシネ・ヌーヴォの公式サイトで確認しよう。

「おちょやん」記念 難波の名女優 浪花千栄子

2021年5月8日(土)~28日(金) 大阪府 シネ・ヌーヴォ
<上映作品>
「アチャコ青春手帖 東京篇」
麥笛
「夫婦善哉」
花嫁会議
番頭はんと丁稚どん
「小早川家の秋」
丼池
「祇園囃子」
「お父さんはお人好し」
猫と庄造と二人のをんな
駅前旅館
悪名(1961年)
今年の恋
「伊豆の踊子(1963年)」
万事お金

前売料金:1回券 1200円 / 3回券 3000円
当日料金:一般 1500円 / 学生・シニア 1100円 / 会員・高校生以下 1000円 / 3回券3600円 / シニア3回券 3000円 / 会員3回券 2700円
※前売券は窓口のみで販売
※チケットは鑑賞日の3日前から窓口とオンラインで販売

この記事の画像(全8件)

関連記事

浪花千栄子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アチャコ青春手帖 東京篇 / 麥笛 / 夫婦善哉 / 花嫁会議 / 番頭はんと丁稚どん / 小早川家の秋 / 丼池 / 祇園囃子 / お父さんはお人好し / 猫と庄造と二人のをんな の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。