映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

溝口健二

ミゾグチケンジ

1920年、日活向島撮影所入社。小口忠、田中栄三の助監督を経て監督に。「紙人形春の囁き」(1926)で第一線に踊り出、「浪華悲歌」(1936)で飛躍。1939年「残菊物語」、1940年「浪花女」、1941年「芸道一代男」の芸道三部作を経て、戦後は「西鶴一代女」(1952)、「雨月物語」(1953)など、映画史上に残る数々の名作を残した。

(C) PIA

溝口健二のニュース

映画ナタリーをフォロー