「おちょやん」成田凌、座長への信頼明かす「ただただ杉咲花が素晴らしい!」

238

杉咲花主演のNHK連続テレビ小説「おちょやん」より、天海一平役の成田凌のインタビューが到着した。

連続テレビ小説「おちょやん」より、成田凌演じる天海一平。

連続テレビ小説「おちょやん」より、成田凌演じる天海一平。

大きなサイズで見る(全2件)

天海一平役の成田凌。

天海一平役の成田凌。[拡大]

松竹新喜劇などに参加した女優・浪花千栄子を主人公のモデルにした本作。杉咲扮する竹井千代が、大正から昭和の戦後までの大阪で芸の道をひた走っていく姿が描かれる。成田演じる一平は、人気喜劇一座の座長・天海天海の息子。嫌々ながら子役として活動を始め、やがて新しい喜劇を作ることに目覚めていく。千代と結婚することとなる“喜劇界のプリンス”だ。

連続テレビ小説「わろてんか」に続き、NHK大阪が制作する“朝ドラ”に出演する成田。「出演者はもちろん、スタッフさんも含めて素晴らしいです。本当は僕も引っ張っていかなきゃいけないと思いますが、そんな必要もないぐらい楽しく撮影しています」と話す。関西弁のセリフについては「いつもより関西の芸人さんのラジオなどを聴くようになりました。もともと関西の友達が多いんですが、聞いているだけではわからないので、なるべく日常から関西言葉で話してみようと思っています」と苦労を明かした。

また成田は、一平の人物像を「まだ若くて定まっていなくて、どういう人かわからない状態」と表現する。「何を考えているかわからないし、千代に対しても、心で思っていることとは逆の言葉を伝えてしまいます。でも千代にはわかる。一平も伝わっているとわかっています。お互いに境遇が似ているからでしょうか」と分析した。

さらに「何よりも、ただただ“杉咲花が素晴らしい!”、そういうことだと思います。彼女が生き生きとそこに存在していれば、それで十分」と本作の“座長”をたたえる。自身の演じる一平については「最後のほうでちょっと意外な方向に行くと思うので、それも楽しんでいただきたいです」と期待を込めた。

連続テレビ小説「おちょやん」

NHK総合 毎週月曜~土曜 8:00~8:15ほか
NHK BSプレミアム、BS4K 毎週月曜~土曜 7:30~7:45
※土曜は1週間の振り返り

この記事の画像(全2件)

関連記事

成田凌のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 成田凌 / 杉咲花 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。