ダニエル・シュミット生誕80周年「ヘカテ」がリバイバル上映、蓮實重彦からコメント

124

「今宵かぎりは…」「ラ・パロマ」などで知られるスイスの映画監督、ダニエル・シュミットが1982年に発表した「ヘカテ」のデジタルリマスター版が4月23日に公開される。

「ヘカテ デジタル・リマスター版」

「ヘカテ デジタル・リマスター版」

大きなサイズで見る(全5件)

「ヘカテ デジタル・リマスター版」ポスタービジュアル

「ヘカテ デジタル・リマスター版」ポスタービジュアル[拡大]

1941年に生まれ、2006年に死去したシュミット。生誕80周年を記念してリバイバル上映される「ヘカテ」は、ポール・モランの小説「ヘカテとその犬たち」を原作とした恋愛ドラマだ。約10年前に北アフリカに赴任した外交官ジュリアンをベルナール・ジロドー、彼が狂ったように愛した謎のアメリカ人の人妻クロチルドをローレン・ハットンが演じた。

「ヘカテ デジタル・リマスター版」

「ヘカテ デジタル・リマスター版」[拡大]

撮影はジャン=リュック・ゴダールやクロード・シャブロルらの諸作に参加したレナート・ベルタが、プロダクションデザインはライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督作「ローラ」などのラウール・ヒメネスが担当。音楽はマルグリット・デュラスとのタッグで知られるカルロス・ダレッシオが手がけた。

「ヘカテ デジタル・リマスター版」

「ヘカテ デジタル・リマスター版」[拡大]

このたび映画評論家・蓮實重彦からコメントが到着。蓮實はシュミット本人とも親交が深く、ヴィム・ヴェンダース、ビクトル・エリセ、クリント・イーストウッド、そしてシュミットの4名を「73年の世代」と呼称していた。本作に寄せ、「求めあう男女がとりわけ大きな悦びを享受するのは、素肌で交わることにもまして、ラフなドレスをまとったままの女を、衣服を脱ごうともしない男が背後から抱擁することによってである。それにふさわしい懐古的なワルツのリズムと、二階の欄干という宙吊りの空間とを二人に提供することで、ダニエル・シュミットは、もっとも心に浸みる忘れがたいラブシーンを映画の歴史に刻みつけてみせた。この場面、必見である」とつづっている。

「ヘカテ デジタル・リマスター版」は東京のBunkamuraル・シネマほか全国で順次公開。

※記事初出時、人名に一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします

この記事の画像(全5件)

ダニエル・シュミットのほかの記事

リンク

(c)1982/2004 T&C FILM AG, Zuerich (c)2020 FRENETIC FILMS AG.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ヘカテ / ダニエル・シュミット / ベルナール・ジロドー / ローレン・ハットン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。