「はな恋」初日に駆けつけた坂元裕二、菅田将暉の提案に安堵「サスペンスだったら…」

765

花束みたいな恋をした」公開初日イベントが本日1月29日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、ダブル主演を務めた菅田将暉有村架純、監督の土井裕泰、脚本を手がけた坂元裕二が登壇した。

「花束みたいな恋をした」公開初日イベントの様子。

「花束みたいな恋をした」公開初日イベントの様子。

大きなサイズで見る(全23件)

本作は東京・明大前駅で終電を逃し、21歳で偶然出会った山音麦と八谷絹が過ごした“最高の5年間”を描くラブストーリー。菅田が麦、有村が絹を演じた。

左から菅田将暉、有村架純、坂元裕二。

左から菅田将暉、有村架純、坂元裕二。[拡大]

坂元は「初日ということで特別に駆けつけてくださいました」と紹介されたことを受けて、「普段なかなか駆けつけることがないものですから、うまく駆けつけられるかとても心配」と淡々とジョークを飛ばす。そして映画の感想を「素直にしみて、ちょっと泣きました」と伝えた。

菅田将暉

菅田将暉[拡大]

坂元と菅田が初めて対面したのは5年ほど前。坂元は「前髪が長くて顔が見えなくて。怖い人だと思っていた」と第一印象に言及し、菅田を「どんなイメージですか!」と笑わせる。その後菅田からの「ラブストーリーをやりたい」との求めが本作につながったと言い、坂元は「あのとき菅田くんが思いつきでサスペンスと言ってたら、彼は人を殺していたかも……」とラブストーリーであることに安堵した。

有村架純

有村架純[拡大]

土井は「ありふれた人たちのありふれた恋のお話。うまくできれば、新しい感じの恋愛映画になるんじゃないかと思いました」と脚本を受け取ったときの心境を述べる。菅田は「実名の商品や人がいっぱい出てくるんですが、そのリアリティがすごい。僕が友達とカラオケで歌ってた曲がまんま出てきたり。坂元さん、なんで知ってるんだろう?と思いました」と、有村は「麦と絹という名前がものすごく好きでした。彼らのチャーミングさが脚本から感じられてきて、菅田くんと日常を作り出せることが楽しみでした」と撮影を前に胸を躍らせていた日々を懐かしんだ。

「花束みたいな恋をした」オフショット

「花束みたいな恋をした」オフショット[拡大]

「花束みたいな恋をした」オフショット

「花束みたいな恋をした」オフショット[拡大]

左から菅田将暉、有村架純。

左から菅田将暉、有村架純。[拡大]

イベントでは、有村と菅田がお互いを撮り合ったオフショットが披露された。有村は「一緒に遊んでくれる方」と、カプセルトイの容器を目に当てた菅田の写真を見てほほえむ。カプセルトイの販売機がたくさん並ぶ場所での撮影では、菅田は寿司がモチーフのアイテム、有村はメッセージ付きのペンギンの置物を購入して楽しんでいたそう。さらに有村が撮影現場にギターを持ち込んで練習を重ね、星野源の楽曲を演奏できるようになったことも明かされた。

続いて坂元は「とても多面的で矛盾したものを抱えた俳優さん。いい人も悪い人の部分もあって、闇も光も持っている。2つの反するものを同時に表現できる、人間的なものをお持ちになった唯一無二の存在」「有村さんはとてもミステリアス。不思議な手品のようなお芝居を見せていただけて感激しています」と主演2人を評する。その言葉に有村は「以前、坂元さんは私のことを『一生わからないと思う』とおっしゃっていて。わからないままでいてほしいなと思います」と返し、菅田は「うれしいです。初対面のときに、“やばい人”だけじゃなくて光も見えていたってことですもんね」と喜んだ。

「花束みたいな恋をした」は全国の劇場で上映中。

この記事の画像・動画(全23件)

関連記事

菅田将暉のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 花束みたいな恋をした / 菅田将暉 / 有村架純 / 坂元裕二 / 土井裕泰 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。