「ある用務員」福士誠治&芋生悠はモテモテ、「どこに隠れても暗殺者が…」

217

ある用務員」の先行上映舞台挨拶が本日1月23日に東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で開催され、キャストの福士誠治芋生悠近藤雄介伊澤彩織、監督の阪元裕吾が登壇した。

「ある用務員」先行上映舞台挨拶の様子。

「ある用務員」先行上映舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全10件)

元暴力団員だった父を幼い頃に殺され、凄腕の殺し屋に成長した深見を主人公とする本作。父親の組兄弟の娘・真島唯の見張りを務めるため用務員として高校に潜り込んでいる深見だったが、ある日暴力団の抗争が勃発し、唯の命が狙われることになる。福士が深見、芋生がヒロインの唯に扮した。

阪元裕吾

阪元裕吾[拡大]

阪元は「個性的なみんなが集まって躍動している作品。お客さんが“推し”を作れる映画になったかなと思います」と観客に語りかける。そしてブルース・ウィリスの主演作「ダイ・ハード」を挙げて「小学生のころに観て心躍った作品を、日本で作るんだ!って思ったんです」と本作に込めた思いを明かした。

福士誠治

福士誠治[拡大]

芋生悠

芋生悠[拡大]

アクションシーンが多い福士は「こんなに戦った作品はないんじゃないか。どこに隠れても暗殺者が出てきて、僕と芋生ちゃんはモテモテだったんですよ」と撮影時を懐かしむ。スタントなしで演じたのが本作のこだわりの1つとのことだが、彼は「体中痛かったです(笑)」とぽつり。芋生が「私も福士さんと戦いたいなと思っていました」と口にすると、福士は「芋生ちゃんは元気そうだったから、正直2人くらいは倒してほしかった!」と笑った。

近藤雄介

近藤雄介[拡大]

伊澤彩織

伊澤彩織[拡大]

唯と同じ高校の生徒・龍ヶ崎翔太役の近藤は「監督の要望に応えられるようにしっかり体を作っていきました。でもアクションはほぼほぼやらず、変なことばかりしているんです(笑)」とジョークを飛ばし、「次はアクションをバチバチにやりたい」と意気込む。殺し屋・シホ役の伊澤は、普段はスタントウーマンとして作品に参加することが多いそうで「セリフがあるのは初めてだったんです。お芝居は不安でしたが、アクションでは楽しんで福士さんを煽れたかな」とはにかみ、福士から「煽られました!」「伊澤さんはとにかく速い。手(動き)を覚えていくときは脳トレをしているみたいでした」と声をかけられていた。

最後に阪元は「ハードボイルドで心躍る作品になっていると思います!」とアピールし、舞台挨拶を締めくくった。

「ある用務員」は2月5日より全国で順次ロードショー。

この記事の画像・動画(全10件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

福士誠治のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021「ある用務員」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ある用務員 / 福士誠治 / 芋生悠 / 阪元裕吾 / 近藤雄介 / 伊澤彩織 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。