あなたが私を見るとき私は?画家と貴族の娘が視線交わす「燃ゆる女の肖像」本編映像

122

フランス映画「燃ゆる女の肖像」の新たな本編映像の一部がYouTubeで公開された。

「燃ゆる女の肖像」

「燃ゆる女の肖像」

大きなサイズで見る(全12件)

「燃ゆる女の肖像」日本版ビジュアル

「燃ゆる女の肖像」日本版ビジュアル[拡大]

第72回カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィアパルム賞に輝いた本作。18世紀のフランス・ブルターニュの孤島を舞台に、画家マリアンヌと貴族の娘エロイーズの恋模様が描かれる。「午後8時の訪問者」のアデル・エネルがエロイーズ、「不実な女と官能詩人」のノエミ・メルランがマリアンヌを演じた。

「燃ゆる女の肖像」

「燃ゆる女の肖像」[拡大]

望まぬ結婚を控えるエロイーズと、彼女の肖像画を描くことになったマリアンヌ。映像には描き上げた肖像画を自らの手で消してしまったマリアンヌに対し、エロイーズが意外にもモデルになると申し出たことで、2枚目の絵に取り組むことになった2人の姿が収められた。エロイーズの動揺や困惑した際のしぐさを次々に言い当て、「観察する立場ですので」と言うマリアンヌ。対するエロイーズは「立場は同じです。何も変わらない」と声を掛け、マリアンヌにそばに来るよう促し「あなたが私を見るとき、私は?」と問いかける。

「燃ゆる女の肖像」

「燃ゆる女の肖像」[拡大]

女優が演出者から“見られるだけの存在”になっていることに対する問題提起として同シーンを捉えたというエネルは、「この言葉には共感できました。だから、このセリフを言えてうれしかった」と回想。監督を務めたセリーヌ・シアマは主人公2人を画家と被写体という設定にしたことについて、「肖像画を描くために芸術家がモデルを見つめるのと、恋愛感情も含めて相手を見つめるという2つの構造が欲しかったからです」と述べ、「この映画で描かれる愛とは、相手と一緒にいる、いられるということだけでなく、築いた関係がどう自分を成長させ、心が解放されるか。自分自身を見つめ直し、それまで知らなかった自分に近付けるのかということです」と語った。

「燃ゆる女の肖像」は12月4日より東京・TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国で順次公開される。

この記事の画像・動画(全12件)

関連記事

セリーヌ・シアマのほかの記事

リンク

関連商品

(c)Lilies Films.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 燃ゆる女の肖像 / セリーヌ・シアマ / ノエミ・メルラン / アデル・エネル の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。