「燃ゆる女の肖像」の世界をイラストレーター3名が描き下ろす

256

セリーヌ・シアマが監督を務めたフランス映画「燃ゆる女の肖像」の世界を、イラストレーターたちが描き下ろしたイラストが到着した。

くらちなつきの描き下ろしイラスト。

くらちなつきの描き下ろしイラスト。

大きなサイズで見る(全17件)

第72回カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィアパルム賞に輝いた本作は、18世紀のフランス・ブルターニュの孤島を舞台に、画家マリアンヌと貴婦人の娘エロイーズの恋を描く物語。「午後8時の訪問者」のアデル・エネルがエロイーズを演じ、「不実な女と官能詩人」のノエミ・メルランがマリアンヌに扮した。

たけもとあかるの描き下ろしイラスト。

たけもとあかるの描き下ろしイラスト。[拡大]

神崎遥の描き下ろしイラスト。

神崎遥の描き下ろしイラスト。[拡大]

イラストを描き下ろしたのは、くらちなつき、たけもとあかる、神崎遥の3名。海辺で額を合わせるエロイーズとマリアンヌの姿などが描かれた。なお本作のTwitterおよびInstagramアカウントではファンアートキャンペーンが開催中だ。

「燃ゆる女の肖像」ポスター展の様子。

「燃ゆる女の肖像」ポスター展の様子。[拡大]

「燃ゆる女の肖像」ポスター展の様子。

「燃ゆる女の肖像」ポスター展の様子。[拡大]

「燃ゆる女の肖像」は12月4日より東京・TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国で順次公開される。東京・代官山 蔦屋書店では11月30日までポスター展が開催中。キハチ カフェ 日比谷シャンテ店、Sheといった東京都内のレストランなどでは本作のコラボメニューが提供されている。

この記事の画像・動画(全17件)

関連記事

セリーヌ・シアマのほかの記事

リンク

関連商品

(c)Lilies Films.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 燃ゆる女の肖像 / セリーヌ・シアマ / ノエミ・メルラン / アデル・エネル の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。