小栗旬が主演男優賞、星野源が助演男優賞!報知映画賞で「罪の声」最多3冠

3130

報知新聞社が主催する第45回報知映画賞の受賞結果が発表された。

「罪の声」ポスタービジュアル (c)2020 映画「罪の声」製作委員会

「罪の声」ポスタービジュアル (c)2020 映画「罪の声」製作委員会[拡大]

「TENET テネット」ポスタービジュアル (c)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

「TENET テネット」ポスタービジュアル (c)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved[拡大]

邦画部門の作品賞に輝いたのは土井裕泰が監督、野木亜紀子が脚本を担当した「罪の声」。また同作に出演した小栗旬が主演男優賞、星野源が助演男優賞を受賞し、最多3冠を達成した。海外部門ではクリストファー・ノーランが監督を務めた「TENET テネット」が作品賞を獲得。吾峠呼世晴によるマンガ「鬼滅の刃」を外崎春雄がアニメ映画化した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」がアニメ作品賞に選出された。

主演女優賞は「喜劇 愛妻物語」の水川あさみ、助演女優賞は「朝が来る」の蒔田彩珠が受賞。新人賞には「ミッドナイトスワン」の服部樹咲、「his」の宮沢氷魚が選ばれた。監督賞を獲得したのは「朝が来る」の河瀬直美。三島由紀夫を現在に“よみがえらせた”と言える傑出したドキュメンタリー作品として、豊島圭介による「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」が特別賞に輝いた。

なお例年行われていた表彰式は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため今回は開催されない。

※河瀬直美の瀬は旧字体が正式表記

第45回報知映画賞の受賞結果

作品賞(邦画部門)

「罪の声」

作品賞(海外部門)

「TENET テネット」

アニメ作品賞

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」

主演男優賞

小栗旬(「罪の声」)

主演女優賞

水川あさみ(「喜劇 愛妻物語」)

助演男優賞

星野源(「罪の声」)

助演女優賞

蒔田彩珠(「朝が来る」)

監督賞

河瀬直美(「朝が来る」)

新人賞

服部樹咲(「ミッドナイトスワン」)

宮沢氷魚(「his」)

特別賞

「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」

この記事の画像(全3件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

小栗旬のほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 罪の声 / TENET テネット / 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 / 喜劇 愛妻物語 / 朝が来る / his / ミッドナイトスワン / 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 / 小栗旬 / 水川あさみ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。